KADOKAWAのYouTubeアニメチャンネル登録者数200万人超え

KADOKAWA Anime Channel

 エンタメ大手KADOKAWAが動画配信サイトYouTubeで運営するアニメ公式チャンネルの登録者がこのほど200万人を超えた。
 チャンネルは2008年にスタート。「KADOKAWA Anime Channel」として、KADOKAWAの関連するアニメ作品の最新映像を公開している。現在は『リアデイルの大地にて』や『佐々木と宮野』、『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』といったテレビアニメや『グッバイ、ドン・グリーズ!』などの劇場アニメの関連動画も配信されている。
 KADOKAWAは登録者数200万人突破を記念したスペシャルプログラムを実施する。開催日や詳細は近日発表されるとのことだ。100万人突破の際には「KADOKAWA Anime Thanks Party」を開催している。こうしたイベントでさらにチャンネルの盛り上げを目指す。

 公式チャンネルがスタートしたのは2008年1月30日で、14年の長い歴史を誇る。YouTube公式チャンネルのなかでも、とりわけ老舗と言っていいだろう。サイトで確認するとこれまでの累計再生数は10億回を超えている。
 それでも登録者数の多くは最近のものだ。ここ1年で急激に増えており100万人突破2020年6月、ここから2倍となる200万人までわずか半年あまりで到達した。同業他社のアニプレックス(164万人)、バンダイナムコアーツ(109万人)、東宝アニメーション(185万人)など各社の登録者数も上回る。

 人気の秘密は多彩な動画にありそうだ。配信動画はテレビアニメ、劇場アニメ、映画などの予告編、OP・ED楽曲だけでなく、各種ラジオ番組、生配信、番組関連企画などに及ぶ。それぞれがコンスタントに視聴回数を獲得する。バラエティ番組顔負けの配信チャンネルとして運営されている。

「KADOKAWA Anime Channel」
https://www.youtube.com/user/KADOKAWAanime

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る