テレビ東京第1Q アニメ事業好調32%増加、中国向け配信・北米「NARUTO」好調

ファイナンス決算

 2021年8月4日に発表されたテレビ東京ホールディングスの2022年3月期第1四半期は売上高、利益が大きく伸び、好調な決算となった。
 連結売上高は345億8800万円(19.5%増)、営業利益が25億6200万円(217.7%増)、経常利益27億2600万円(193.5%増)、当期純利益が17億3300万円(282%増)だ。広告収入がスポット広告を中心に前年同期を大きく上回ったほか、アニメや配信事業の成長が牽引した。

 ライツ事業部門にあるアニメ事業の売上は42億6900万円、前年比で32.1%増になる。金額ベースでは前年の49億3000万円より減少するが、今期よりアニメ事業の一部を他事業に移しているためだ。新基準では前年同期の売上は32億3300万円となる。
 国内のライツ販売が堅調だったのに加えて、海外向けも引き続き好調だった。中国向けの配信許諾、それに北米での『NARUTO』の商品化権も好調となった。
 
 ライツ事業収入全体の売上高は60億8000万円の43.0%増だ。営業利益は25億6400万円(16.7%増)。このうち今年から再編された配信ビジネスが12億1100万円(57.5%増)、イベントが1億9400万円(231.4%増)になる。
 配信は国内販売が前年同期から大きく伸びた。また海外向けでは韓国と台湾での『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』が堅調となった。中国向けは売上げが縮小した。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る