「劇場版 ガールズ&パンツァー」 米国で限定公開、サンフランシスコをスタートに主要30都市で

映画ビジネスのニュース

2015年11月に全国公開、異例のロングランを経て興収23億円を超える大ヒットとなった『劇場版 ガールズ&パンツァー』が、米国でも上映されることになった。本作の北米配給を手がけるセンタイ・フィルムワークス(Sentai Filmworks)が公開を発表した。日本公開から約1年、いよいよ米国のファンの前にもスクリーンで姿をみせる。
11月18日にまずサンフランスコの日本カルチャーの複合施設にあるニューピープルシネマ(NEW PEOPLE CINEMA)でプレミアイベントを開催する。イベントには映画の主要スタッフが参加、Q&Aなど設けるなどファンには堪らないイベントとなりそうだ。その後、ニューヨーク、ヒューストン、ダラス、ボストン、シアトル、オーランド、サンディエゴ、サクラメントほか、全米の主要30都市で公開する。

各地での公開では、日本映画の米国配給で実績のあるイレブンアーツ(ELEVEN ARTS)が協力する。イレブンアーツは、これまで『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』や劇場版の『魔法少女まどか☆マギカ』、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』などの配給をしてきた。小規模な公開ではあるが、確実にファンの作品を届け、話題づくりをすることで成功させている。

一方、センタイ・フィルムワークスは、日本アニメを得意とする中堅の配給会社である。コアファンに向けたマニアな作品を得意とする。近年は『寄生獣』、『ノーゲーム・ノーライフ』 、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』、『モンスター娘のいる日常』、『アカメが斬る』なども取り扱っている。
『ガールズ&パンツァー』はテレビシリーズの時からが取り扱ってきたが、数ある作品のなかでも特に目立ったヒットになっていた。センタイ・フィルムワークスが劇場公開まで手掛けることはこれまでにあまりなく、それだけに『劇場版 ガールズ&パンツァー』に対する期待の大きさを感じさせる。

『劇場版 ガールズ&パンツァー』 米国公式サイト
http://www.girlsundpanzerderfilm.com/

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る