ブロッコリー通期決算は利益急伸、「刀剣乱舞」「呪術廻戦」ライセンス作品好調

ファイナンス決算

 キャラクターグッズ開発・制作・販売のブロッコリーの2021年2月期決算が4月9日に発表された。新型コロナ感染症が広がるなかで、得意としてきたキャラクターイベントや会場でのグッズ販売が充分に展開できないなかではあったが、売上高は小幅減収、利益は大幅成長と好調な業績であった。
 売上高は63億600万円(2.7%減)。営業利益が9億6700万円(42.2%増)、経常利益は9億9900万円(42.1%増)、当期純利益は5億2100万円(37.9%増)である。

 利益の伸びは、ひとつはブロッコリーの主要タイトルである『うたの☆プリンスさまっ♪』で、劇場映画の製作出資の配分があったほか、コンセプトショップのグッズ売上も大きかった。
『うたの☆プリンスさまっ♪』は全売り上げの54.3%と半分以上を占め、『Z/X』が14.5%が続き自社タイトルで売上の7割を稼ぎだす。それでも『うたの☆プリンスさまっ♪』のシェアは前年の58.4%より狭まった。
 もうひとつの利益の伸びを支えたのは他社からのライセンスグッズの好調である。うさぎのぬいぐるみシリーズ「ラビコレ」の第1弾『刀剣乱舞-ONLINE-』がヒット、丸井グループのイベント「呪術廻戦 limited shop -マルイ編-」での『呪術廻戦』関連商品も大きかった。リアルイベントの減少分をオンラインショップでカバーして売上高と利益で前年を上回った。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. デジタルコンテンツ白書2021
     9月1日に発刊された『デジタルコンテンツ白書2021』が、2020年のコンテンツ産業と関連各分野の…
  2. 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」
     日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮を題材にした企画展「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・…
  3. ファイ・ブレイン×Tファン
    放送終了後もファンをつなぎとめる仕組みに迫る。  2011年からNHK Eテレで約2年半放送さ…
ページ上部へ戻る