ブロッコリー第1四半期、「劇場版うたプリ」で利益が大幅な伸び

ファイナンス決算

 キャラクター事業のブロッコリーは、2020年7月10日に2021年2月期第1四半期の決算発表をした。売上高は前年同期並みの12億7500万円(0.4%減)であったが、営業利益は2億4300万円(294.5%増)、経常利益は2億5200万円(316.3%増)、当期純利益は1億7300万円(313.2%増)と4倍増と躍進した。
 利益の急伸は、2019年6月に公開され興行収入で18億円を超える大ヒットになった『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEキングダム』の製作委員会からの配分収入があったためだ。ロイヤリティ他売上高は前年同期の5600万円から1億6800万円に拡大している。

 第1四半期(3月~5月)は、新型コロナウイルス感染症拡大と時期がほぼ重なり、イベントの延期・中止があったにも関わらず堅調な業績を残している。『うたの☆プリンスさまっ♪』は収益配分収入だけでなく、ゲーム、音楽CDも好調であった。さらにトレーディングカードゲーム(TCG)の『Z/X』も好調を維持した。
 全体の売上げのうち過半数となる52.4%が『うたの☆プリンスさまっ♪』から、16.4%が『Z/X』からとなる。両作品の好調から前年の49.4%と13.1%からそれぞれシェアを拡大している。売上の7割を2作品に依存する。

 こうしたなかでブロッコリーは10周年企画で『うたの☆プリンスさまっ♪』のさらなるビジネス拡大を目指す。同時に12月3日には女性向の新コンテンツ『ジャックジャンヌ』のNintendo Switch用ソフトを発売する。次の大型ヒットを狙う。
 第1四半期の好調を受けて、通期予想も強含みとなっている。売上高は73億(12.7%増)、営業利益9億円(32.2%増)、経常利益9億3000万円(32.2%増)、当期純利益は6億(58.6%増)を見込む。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る