中国系アニメ企業・絵梦をビリビリが取得、グループ会社化

企業ニュース

 東京都武蔵野市のアニメ製作会社・絵梦が、中国の大手IT企業ビリビリのグループ会社になった。2021年2月3日、絵梦株式会社は、1月5日付で中国・上海の親会社・上海絵界文化伝播有限公司の全株式をビリビリ(哔哩哔哩)が取得したことを明らかにした。
 これに伴い日本法人もビリビリのグループ会社となる。ビリビリも東京都内に日本法人を保有しており、今後は両社の連携が強まりそうだ。

 上海絵界文化伝播有限公司は李豪凌氏が2013年に設立したアニメ会社である。日本アニメの影響を受けた2Dアニメを得意とし、「HAOLINERS」のブランドで自社製作のアニメを手がけている。日本でも劇場公開された『詩季織々』、シリーズアニメ『銀の墓守り』、『縁結びの妖狐ちゃん』といった代表作がある。李豪凌氏自身が監督を務める作品も多い。
 日本法人は2015年に設立した。自社制作以外にも出資によるアニメ製作も積極的で、日本のアニメーション制作会社との連携に積極的だ。日本に進出する中国のアニメ企業の代表的な存在だ。

 買収側のビリビリは、中国で映像配信プラットフォームやアプリゲーム事業を手掛ける大手だ。日本のコンテンツを多く扱うことでも知られる。
 絵梦の作品の多くはビリビリを通して、ユーザーに届けられている。事業拡張に積極的なビリビリが事業領域の拡大を目指して絵梦をグループ化したかたちだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. オーバン・スターレーサーズ
     2006年に日本とフランスが共同制作された『オーバン・スターレーサーズ』は、世界中で放送され人気を…
  2. 鼎談
     2018年10月にフジテレビが立ち上げた深夜アニメ枠「+Ultra」は、「海外にアニメカルチャーを…
  3. 左)安田賢司監督、右)福井晴敏氏
    10月8日(金)、『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-』が劇場上映を…
ページ上部へ戻る