無料マンガサイト「コミックブシロードWEB」スタート、「今日からマ王!S」も予定

コミックブシロードWEB

 エンタメ企業ブシロードのグループ会社ブシロードメディアが、2021年1月22日からWEBマンガサイト「コミックブシロードWEB」をスタートする。全てのマンガが無料で読めるフリースタイルを採用、性別やジャンル問わずに誰でも楽しめる作品を掲載する。多くの人が手軽に読めるサイトを目指すことになる。
 ブシロードは現在、紙雑誌の「月刊ブシロード」も毎月刊行している。そこでのノウハウがウェブサイトでも活かされそうだ。また「コミックブシロードWEB」は毎週金曜日に新たなコンテンツを更新する。紙雑誌と異なるタイムリー性で「月刊ブシロード」と補完関係になる。

 サイトスタートにあたってはまず12ヶ月連続新連載スタートを目玉とする。なかでも2021年夏頃にスタートを予定する『今日からマ王! S』(原作・喬林知/漫画・松本テマリ)は話題となりそうだ。「今日からマ王!」シリーズは、時代を超えて女性を中心に絶大な人気を誇っている作品だ。
 1月22日のスタート時には、社会派シュール4コマ『おしごとですよ!赤根さん』(木村まつり)が連載開始。桜木蓮による特別読み切りの和風ファンタジー『雨降るある日異世界で』が掲載する。
また2月からはグロドタバタコメディ『地獄のハザマくん』(熊野ひぐま)の連載も予定している。このほかにも著名な作家が連載陣として登場する。としている。

 また連載開始を記念して東京・秋葉原では、期間限定ストア「コミックブシロードWEBオープン記念 POP UP STORE inセガ5号館 Akib@ko 」も開催する。作家陣20名以上によるお祝い色紙を展示、最新グッズも販売する。力の入ったプロモーションは、「コミックブシロードWEB」に対する期待の大きさも感じられる。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  2. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
  3. アヌシー国際アニメーション映画祭
     6月14日から開催されている2021年のアヌシー国際アニメーション映画祭は、19日(現地時間)に今…
ページ上部へ戻る