「東京アニメピッチグランプリ」、上位入賞者は仏映画祭・見本市に出展も エントリー受付

MIFA 東京都ブース

 東京都が、都内の中小・個人のアニメ事業者を対象に「東京アニメピッチグランプリ」を開催する。これから制作を目指すアニメ企画のプレゼンテーション(ピッチ)をコンテスト形式で実施、上位入賞者は海外展開支援金が与えられ、2021年6月にフランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭の併設国際見本市MIFAへの出展支援もする。
 現在、日本のアニメは海外で人気を博しており、作品へのニーズは高い。しかし言語や習慣の違いもあり、中小企業や個人事業者にとっては国境を越えたビジネスはまだまだハードルが高い。そこで東京都は、数年前より海外展開に向けたセミナーや、海外展開支援を実施してきた。特にフランスの国際見本市MIFAへの出展では大きな成果を挙げてきた。

「東京アニメピッチグランプリ」は、そのプロジェクトの一環となる。参加者は長さ5分ほどのコンテスト形式のピッチと質疑応答をする。これを審査のうえ最優秀賞(1組)100万円、優秀賞(4組)各50万円が与えられる。
 さらに上位入賞者5組(程度)はMIFA2021の出展費用やフランスへの渡航費、宿泊費、ビジネスマッチングなどの支援を受けることができる。賞金額も大きいが、海外ビジネス展開にとっては大きなチャンスになる。

 また2021年の「東京アニメピッチグランプリ」は、応募条件が昨年から大きく変更された点があり、よりエントリーしやすくなっている。
 ひとつはこれまでは事前に行われる海外展開進出セミナーへの参加が義務付けられていたが、これがなくなる。セミナーに参加していなくても応募が出来る。
 さらに昨年からパイロットフィルムの提出は必須でなく、任意となっている。これから企画を動かしたいとする事業者にはありがたい。その代わりに自身が権利を保有しているオリジナルアニメーション作品とその企画書が必要になる。

 「東京アニメピッチグランプリ」は2021年2月18日に東京都区内で実施する。応募受付は既に始まっており、1月22日まで〆切りが迫っている。しかしすでに自身の企画作品があれば、申込書や企画書などと必要書類は限られている。
 2020年年代に海外ビジネスを広げたいアニメ事業には、よい機会になりそうだ。詳細は公式サイトにて確認出来る。

「東京アニメピッチグランプリ」
https://anime-tokyo.com/program/#grandprix

2021年2月18日(木)、東京都23区内の会場
応募書類提出期間 2021年1月12日(火)~1月22日(金)

最優秀賞最大1組 海外展開支援金 100万円
優秀賞最大4組 海外展開支援金 各50万円
受賞者合計5組程度に対して、MIFA2021出展支援を実施

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  2. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
  3. アヌシー国際アニメーション映画祭
     6月14日から開催されている2021年のアヌシー国際アニメーション映画祭は、19日(現地時間)に今…
ページ上部へ戻る