「鬼滅の刃」、報知映画賞でアニメ作品賞を受賞

アワード/コンテスト

 報知新聞社が主催する第45回報知映画賞の受賞者・受賞作品が2020年12月2日に発表された。邦画部門作品賞は『罪の声』、海外部門作品賞はクリストファー・ノーラン監督の『TENET テネット』が選ばれた。
 またアニメ作品賞は10月16日の公開以来、空前の大ブームを巻き起こしている「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が輝いた。

 報知映画賞は1976年にスタート、今年で45回目となる。2019年12月1日から2020年11月30日までに、国内で1週間以上の有料での一般公開をした新作を対象にした。エントリーのあった作品からノミネートを選出、選考委員により各部門の受賞者・受賞作品を決定する。
 2020年は新型コロナ感染症の拡大、その影響を受けて映画興行の自粛・縮小、作品の公開延期が相次ぐなどの困難の大きな一年であった。そのなかでも、話題作や高い評価をされた作品が受賞となった。

 アニメーション映画賞は、2017年から設けられている。これまでに 『天気の子』、『名探偵コナン ゼロの執行人』、『SING/シング』といった映画が受賞している。本年も含めて、興行で大きな成功を収めた作品が受賞する傾向が強いようだ。
「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は吾峠呼世晴のマンガを原作に2019年にテレビアニメ化、その続きを新作劇場版として映画化したものだ。11月29日までに興行収入が275億円と歴代2位に達し、話題を呼んでいる。
 2020年のアニメーション作品賞には『鬼滅の刃』のほか、国内から『音楽』、『映画ドラえもん のび太の新恐竜』、『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』、『思い、思われ、ふり、ふられ』、『STAND BY ME ドラえもん2』の5本、海外から『2分の1の魔法』、『マロナの幻想的な物語り』、『アダムス・ファミリー』、『ミッシング・リンク』の4本がノミネートされていた。このなかで見事に『鬼滅の刃』が、受賞を獲得した。
 報知新聞賞は国内の映画賞なかでも先頭を切って発表される。『鬼滅の刃』は今後も続く映画賞レースのなかで幸先のよいスタートを切った。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  2. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
  3. アヌシー国際アニメーション映画祭
     6月14日から開催されている2021年のアヌシー国際アニメーション映画祭は、19日(現地時間)に今…
ページ上部へ戻る