サイバーエージェントがアニメ商品事業進出、制作やEC販売

CYBER ANIME STORE

 IT大手のサイバーエージェントは、近年グループ内でアニメ事業の拡充を進めてきた。アニメ製作投資やオリジナルアニメ開発など幅広い領域に及ぶが、この7月からはさらにアニメ商品関連事業に進出する。
 サイバーエージェントは2020年7月30日にECサイト「CYBER ANIME STORE」をオープンした。サイトでは、アニメや声優のオリジナルグッズの制作や商品販売が目的だ。

 オープンにあたっては、サイバーエージェントグループがプロデュースや制作、配信を手掛けたアニメのグッズやCD、Blu-ray/DVDを並べた。TVアニメシリーズの最新作『恋とプロデューサー~EVOL×LOVE~』オリジナル商品、『イエスタデイをうたって』の関連商品などだ。
 今後はさらに自社アニメレーベル「CAAnimation」のオリジナルアニメのグッズ販売も予定する。製作者とダイレクトにつながるだけに、ここだけに商品も期待出来る。

 サイバーエージェントは、ゲームや広告などの事業を手がけるIT企業の大手。近年はアニメ関連事業に力を入れる。「ABEMA」でのアニメや関連番組の配信、アニメ製作に投資するCygames と共同のファンド「CA-Cygamesアニメファンド」の組成、さらに2018年にはアニメレーベル「CAAnimation」を設立した。
 オリジナルアニメに出資することで、グループが得意とするゲーム化展開、さらに多彩なメディアミックスを目指す。商品事業もそのひとつになる。アニメの企画・製作の上流から、さらに今回はリテールにあたる商品流通の下流までを一気にカバーすることを狙う。

CYBER ANIME STORE
https://cyber-anime-store.jp/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る