サイバーエージェントがアニメ商品事業進出、制作やEC販売

CYBER ANIME STORE

 IT大手のサイバーエージェントは、近年グループ内でアニメ事業の拡充を進めてきた。アニメ製作投資やオリジナルアニメ開発など幅広い領域に及ぶが、この7月からはさらにアニメ商品関連事業に進出する。
 サイバーエージェントは2020年7月30日にECサイト「CYBER ANIME STORE」をオープンした。サイトでは、アニメや声優のオリジナルグッズの制作や商品販売が目的だ。

 オープンにあたっては、サイバーエージェントグループがプロデュースや制作、配信を手掛けたアニメのグッズやCD、Blu-ray/DVDを並べた。TVアニメシリーズの最新作『恋とプロデューサー~EVOL×LOVE~』オリジナル商品、『イエスタデイをうたって』の関連商品などだ。
 今後はさらに自社アニメレーベル「CAAnimation」のオリジナルアニメのグッズ販売も予定する。製作者とダイレクトにつながるだけに、ここだけに商品も期待出来る。

 サイバーエージェントは、ゲームや広告などの事業を手がけるIT企業の大手。近年はアニメ関連事業に力を入れる。「ABEMA」でのアニメや関連番組の配信、アニメ製作に投資するCygames と共同のファンド「CA-Cygamesアニメファンド」の組成、さらに2018年にはアニメレーベル「CAAnimation」を設立した。
 オリジナルアニメに出資することで、グループが得意とするゲーム化展開、さらに多彩なメディアミックスを目指す。商品事業もそのひとつになる。アニメの企画・製作の上流から、さらに今回はリテールにあたる商品流通の下流までを一気にカバーすることを狙う。

CYBER ANIME STORE
https://cyber-anime-store.jp/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. AnimeJapan2024
    ■凝った企業ブースが脱コロナ禍を演出  2024年3月23日から26日まで、東京都内で日本アニ…
  2. クランチロールアワード
     日本アニメ配信プラットフォームで世界最大規模のクランチロールが主催する「クランチロール・アニメアワ…
  3. 東宝×「World Maker」 
     2023年12月、東宝本社のゴジラ会議室に、ハリウッドの大物監督ジョーダン・ヴォート=ロバーツさん…
ページ上部へ戻る