映画「すみっコぐらし」アニメーション作品賞に、第29回日本映画批評家大賞

アワード/コンテスト

 第29回日本映画批評家大賞の受賞作品・受賞者が、2020年6月15日に発表された。このうちアニメーション作品賞は、『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』に決定した。
 アニメーション作品賞は、2019年に公開されたアニメーション映画で最も優れた作品を選ぶものだ。映画全体を対象にする作品賞とは別に設けられている。作品賞は『愛がなんだ』、監督賞は『火口のふたり』の荒井晴彦が受賞している。
 当初は6月に授賞式を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大により中止となっている。授賞式はなく、今回の受賞発表だけが行われた。

『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』は、2019年にアスミック・エース配給で全国公開をした。サンエックスが生み出した「隅っこが好き」というユニークな人気キャラクターを、初めてアニメ化した話題作である。
 すみっコたちが地下室で見つけた絵本に吸い込まれ、その中に登場する様々な世界で冒険するという物語。可愛いキャラクターに心暖まるエピソードが話題となった。当初の公開は中規模であったが、キャラクターターゲットの女児だけでなく、クチコミで幅広い観客を集めて興行収入約15億円の大ヒットを実現した。
 アニメーション制作は、『アグレッシブ烈子』、『おばけずかん』などのファンワークスが担当した。監督にショートアニメで実績を重ねる まんきゅう、脚本に角田貴志(ヨーロッパ企画)を起用。ナレーションに井ノ原快彦、主題歌に原田智世といった布陣も世代を超えた支持を生み出した。

 日本映画批評家大賞は、1991年に映画批評家の水野晴郎、淀川長治、小森和子らの提唱により誕生した。批評家の立場から映画界を励ますとの目的であった。近年は運営の混乱などがメディアで報道されたが、現在は一般社団法人日本映画批評家大賞機構が運営、複数の企業スポンサーにより支えられている。
 アニメーション関連のアワードは歴史が新しく、第20回のアニメーション大賞(DIVE賞)の「名探偵コナン」シリーズが最初になる。その後、賞の名称変更や部門拡大などもあったが、前回(28回)からは『若おかみは小学生!』が選ばれたアニメーション作品賞のみとなっている。

『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』
http://sumikkogurashi-movie.com/

日本映画批評家大賞
https://jmcao.org/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る