寺田倉庫、日本動画協会の準会員に

企業ニュース

 2020年6月3日、一般社団法人 日本動画協会は5月1日付で寺田倉庫株式会社が入会することを明らかにした。寺田倉庫は準会員となり、日本動画協会の会員数は正会員38社、準会員44社の合計82社となる。
 日本動画協会は、日本のアニメ文化の振興と産業発展を目指して2002年に設立された。アニメ製作事業を中心とする正会員と、周辺企業も含めた準会員から構成されている。準会員にはアニメーション制作会社のほか、撮影や商品開発、制作ソフト、イベント企画といった企業もある。

 寺田倉庫は1950年に設立された倉庫運営・管理の大手で、東京都品川区に本社がある。一般的な倉庫管理だけでなく、近年は周辺事業の多角化が進んでいる。美術品輸送・管理やワインの保管、ギャラリーの運営にまで及ぶ。
 映像・音楽コンテンツの保存・保管もそのひとつである。映像・音楽のメディアを保管する。作品や関連資料の保存か火急の課題になっているアニメ業界とは、こうした分野で連携できそうだ。
 日本動画協会には、すでにフィルム、映像・音声テープの保管事業の共進倉庫も加入している。アニメの保存・保管は、今後ますます注目されそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る