タカラトミー新任取締役に沓澤浩也氏と富山彰夫氏、社外取締役も増強

企業ニュース

 玩具大手のタカラトミーが、取締役会の機能強化を進める。2020年4月21日に、新たに業務執行取締役2名の増員と、社外取締役3名の就任を決議した。6月26日開催予定の定時株主総会の承認で正式に決定する予定だ。同時期の退任は社外取締役1名のため、全体で3名の増員となる。
 
 業務執行の新任取締役は、専務執行役員CFOの沓澤浩也氏と常務執行役員事業統括本部長の富山彰夫氏である。
沓澤氏は2000年に旧トミーに入社、経営企画室長や連結管理本部長で経験を重ねてきた。2018年より財務部門を統括するCFOを務めている。
 富山氏は2010年にタカラトミーに入社、社欧米戦略室、TOMY International、グローバル R&D 室長など海外事業で実績がある。本年4月より事業統括本部長にも就任した。

 新任社外取締役は、キャップジェミニ代表取締役社長の殿村真一氏、東京電力ベンチャーズ担当部長の伊能美和子氏、サイバネットシステム代表取締役の安江令子氏。重任も含めると社外取締役6人の半数が女性である。
 タカラトミーは、玩具は年齢、性別、地域を問わないボーダレスな商品であることから人材面の多様性が必要とする。今回は女性や情報技術・国際感覚の経験・知見を持つ人材を取締役候補に選任したとする。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る