「アニメ産業レポート2016」刊行記念セミナー開催 最新動向を執筆者が解説

「アニメ産業レポート2016」刊行記念セミナー

「アニメ産業レポート2016」が一般社団法人日本動画協会から刊行されたのを記念して、2016年10月21日に刊行記念セミナーが開催される。当日は、レポートの執筆者が登壇し、2015年から2016年にかけてのアニメ産業のポイントを語る。
会場は東京・赤坂の株式会社ビデオマーケットのホール、17時(開場16時半)から19時までを予定している。参加するには「アニメ産業レポート2016」の購入が必要となり、入場の際に提示する。「アニメ産業レポート2016」は、当日、会場でも販売をする。価格は通常より割引いた税込6000円、さらに学生は学生証提示で税込5000円となる。定員は80名。メールにて先着順に申込みを受け付ける。

「アニメ産業レポート」は、アニメ産業の現況を明らかにすべく日本動画協会が2009年より毎年、産業の調査、統計、分析をし、刊行している。2016年も業界全体の動向に加えて、テレビ、劇場、ビデオパッケージ、配信、二次利用、音楽、ライブ、海外、さらに制作会社などのジャンルごとに解説、分析をしている。また巻末には2015年にリリースされた国内全アニメ作品を網羅した「2015年アニメ全作品 年間パーフェクト・データ」も74ページにわたり付けられている。
2016年版でまとめられた2015年のアニメ産業市場は、前年比12%増の1兆8,253億円と算出されている。関連市場の拡大が市場の成長を牽引している。海外、配信、ライブの伸びが著しく、こうした事情もセミナーでは語られそうだ。

登壇は氷川竜介氏、数土直志、陸川和男氏、森祐治氏、長谷川雅弘氏、原口正宏氏。編集統括を務めた増田弘道氏がモデレーターを務める。最新のアニメビジネスの動向を知る貴重な場となるだろう。

「アニメ産業レポート2016」刊行記念セミナー
http://aja.gr.jp/info/972
日時: 2016年10月21日(金) 17:00~19:00(開場16:30)
会場: 株式会社ビデオマーケット ホール(東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル7F) 

モデレーター: 増田弘道  (ビデオマーケット 常勤監査役)
[パネリスト]
氷川竜介  (アニメ・特撮研究家、明治大学大学院客員教授)
数土直志  (ジャーナリスト)
陸川和男  (キャラクター・データバンク 代表取締役社長/キャラクターブランド・ライセンス協会理事・事務局長)
森祐治   (電通コンサルティング 取締役シニア・ディレクター/亜細亜大学都市創造学部 大学院アジア国際経営戦略研究科 特任教授)
長谷川雅弘 (ヒューマンメディア プロデューサー)
原口正宏   (リスト制作委員会)

募集人数: 80名(予定)※申込先着順
参加方法: 本誌購入が必須。※入場時に提示。(当日受付でも販売)

申込締切:  10月19日(水)17:30
申込先: E-Mail office@aja.gr.jp
 件名に記入:  「アニメ産業レポート2016」セミナー応募
     会社(学校)・部署(学部) ・氏名
(個人情報は、日本動画協会のプライバシーポリシーに基づきます)

関連記事

ピックアップ記事

  1. メディア芸術クリエイター育成支援事業
    徳間記念アニメーション文化財団(三鷹の森ジブリ美術館)は、2016年12月1日より「平成 28 年度…
  2. アニメ特撮アーカイブ機構
    アニメや特撮の映像制作の際に生まれた原画やセル画、ミニチュア模型などの中間制作物の保管を目指して、映…
  3. 『千と千尋の神隠し』
    世界最大規模の国際アニメーション映画祭であるアヌシーは、映画文化だけでなくMIFAに代表されるビジネ…
ページ上部へ戻る