Amazon定額音楽配信がアニソン強化「ガンダム」シリーズ主題歌・挿入歌250曲以上も

「機動戦士ガンダム」シリーズの68作品

 アマゾンの定額制音楽配信「Amazon Music Unlimited」が、アニメ音楽ジャンルの強化に乗り出す。アマゾンジャパンは2019年9月2日、「Amazon Music Unlimited」内でアニメ音楽に特化したプレイリスト「ANIMA」をスタートした。
 「ANIMA」は人気アニメ、傑作アニメ、そして最新アニメの主題歌やアニソンに特化したものになる。配信楽曲は定期的に更新され、お気に入りの楽曲や新たな曲の発見の場として広げていくという。

 配信スタートに合わせて、9月2日から大きな特集企画もスタートしている。「機動戦士ガンダム」シリーズの68作品から主題歌と挿入歌を一挙配信する。楽曲数は250曲以上にもなり、目玉として『機動戦士Ζガンダム』主題歌「水の星へ愛をこめ」などでお馴染みの森口博子が『機動戦士ガンダムSEED』挿入歌「暁の車」をカバーする。Amazon Musicの独占先行配信になる。ガンダムファンには聴きごたえのあるプレイリストになりそうだ。

 Amazon Music Unlimitedは、定額課金の音楽聴き放題が急激に普及するなかで、Spotify並ぶ世界有数の配信サービスとなっている。日本では2017年11月にスタート、現時点で6500万曲を提供する。利用価格は個人プランで月額 980 円のほか、Amazon プライム会員割引もある。
 アマゾンは今回の取り組みについて、アニメ音楽は邦楽シーンにおいて欠かすことの出来ない存在としている。音楽マーケットにおけるシェアと人気の高さに注目したかたちだ。国内にはアニメ音楽専門の定額課金性配信サービスANiUTaなどもあるが、これらにも対抗していく。
 Amazon Music Unlimitedでは、「ANIMA」でもアニメ音楽を多数配信している。楽曲は『ラブライブ!』や『ジョジョの奇妙な冒険』、それに個性たっぷりのキャラクターで一大ムーブメントを巻き起こす『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』ほかシリーズごとにまとめられたプレイリストは40以上にもなっている。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 「国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART)」
     アニメとマンガを取り巻く環境の現在、そして未来をテーマに3日間にわたり講演、トーク、シンポジウムを…
  2. アヌシー東京ブース
     東京都に拠点を持つ中小アニメ制作社の海外進出をサポートする「アニメーション海外進出ステップアッププ…
  3. 浄園祐プロデューサー
     2019年5月31日より、『LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘』の劇場上映がスタートする。ハ…
ページ上部へ戻る