東京国際映画祭、高畑勲監督2作品「ホルス」と「かぐや姫」特別上映

『太陽の王子 ホルスの大冒険』

 2018年10月25日から11月3日まで、国内最大規模の国際映画祭である第31回東京国際映画祭が開催される。コンペティションや招待作品に加えていくつもの特別企画が実施され、多彩な作品上映で盛り上げる。
 アニメについては、「観光×食」「ファッション」「音楽」「アニメ」「eスポーツ」「スポーツ」の6つのジャンルとコラボレーションする「TIFFプラス」が注目される。日本のアニメ映画史上に残る傑作と最新の話題作が登場する。

 ひとつは今年4月に逝去して高畑勲監督の追悼となる。同じ時期に東京・新宿で実施されるアニメフィルムフェスティバル東京2018の「高畑勲監督特別上映会」特別版として、『太陽の王子 ホルスの大冒険』と『かぐや姫の物語』を上映する。
 会場と日程は調整中としているが、上映にあたってはスペシャルゲストを迎いたトークも予定している。高畑勲監督や制作スタッフの作品に対する思いや苦労話などが語られる。

 『太陽の王子 ホルスの大冒険』は、1968年に高畑勲が東映アニメーション(当時東映動画)に在籍中に初監督した。宮崎駿らも参加した本作は、アイヌ伝承をモチーフとした壮大な作品だ。高畑監督の原点と言っていいだろう。
 一方『かぐや姫の物語』は2013年公開、高畑勲監督の最後の作品となった。日本最古の物語を静謐な水彩画のような映像で表現した、晩年の高畑勲の表現の到達点である。国内外の多くの賞に輝き、世界的な評価を受けている。映画祭では高畑のアニメ映画の始まりと最期を確認できる。

 「TIFFプラス」では、さらに若い世代に人気の『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』を上映する。応援上映の楽しさを一挙に世の中に広げたことでも知られるシリーズが登場し、映画祭でも応援上映を実現する。
 さらにDJ KOOを迎えて作中の音楽を一挙に紹介する「THUNDER STORM SESSION DJ Party!!! Presented by DJ KOO」も実施される。ライブイベントと結びついた現代のアニメの楽しみかたが、映画祭で披露される。
 こちらは2018年10月30日にEXシアター六本木にて。映画上映とDJ Partyで料金は税込み3000円。

第31回東京国際映画祭
https://2018.tiff-jp.net/ja/
2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場他

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ラディアン スタッフ
     2018年10月からNHK Eテレで、テレビアニメシリーズ『ラディアン』の放送がスタートする。空か…
  2.  9月30日(日)に、東京・渋谷のLOFT9 SHIBUYAにて「日米アニメコミックビジネスの今」と…
  3. 『オービタル・クリスマス』
     2018年6月30日0時からスタートした短編SF映画のクラウドファンディングが、ロケットスタートを…
ページ上部へ戻る