タツノコプロ「ムテキング」が新作リブート 歌える主演・男性声優オーディションも実施

原作:「とんでも戦士ムテキング」 (C)タツノコプロ

 2019年6月1日、タツノコプロはテレビアニメ『MUTEKING THE DANCING HERO』の製作を発表した。作品はタツノコプロの往年の人気アニメ『ムテキング』を原作にする。
 また本編制作に合わせ手、作中の主役を演じる声優を一般公募するオーディションを開催することも明らかにした。新作アニメに合わせて、新しい才能の発掘を目指す。

 原作になる『とんでも戦士ムテキング』は、1980年9月から1981年9月まで約1年間全56話にわたり放送された。スタジオの得意とするヒーローものとギャグアニメを融合させ、タツノコプロらしい作品となっている。
 サンフランシスコをモデルにした街を舞台に、当時でも目を惹く斬新なデザイン、そして音楽要素を大胆に取り入れた。アニメの多様化が急激に進んだ80年代ならではの作品でもある。
 新作では原作の持ち味を引き継ぎ、新時代ながらの新しさを盛り込む。制作チームには、これまでのアニメにないような気鋭のデザイナーやアーティストも参加するという。クールでポップな作品を目指す。

 原作で重要なパートを占めた音楽要素は、今回も同様だ。それを象徴するのが、主役声優のオーデイョンである。こちらはタレントエージェンシーの大手ホリプロインターナショナルが主催する。
 オーディションでグランプリを獲得するとホリプロインターナショナルとの専属契約が提供され、主役のムテキング役で声優デビューが約束される。さらにキャラクターソングでのデビューも決まっている。逆に言えば、声の演技に加えて、歌唱の才能も求められる。
 ムテキングのキャラクターは男性のため、募集対象も男性となる。そして2020年3月31日時点で15歳以上22歳以下、アニメ・声優・歌手活動に興味があることが条件だ。

 近年アニメでは声優がタレントとして人気を博するケースがますます増えている。声優に歌やダンスなどのアーティスト活動が求められる傾向も強くなっている。
 そのなかでオーディションを通じた才能発掘は活発だ。しかしこれまでは女性声優・アーティストに特化したオーディションは多いが、男性だけに絞ったものは珍しい。男性声優の人気が高まる中で、ホリプロがここにビジネスチャンスを見出し、積極的に乗り出してきた。

『MUTEKING THE DANCING HERO』
https://muteking.jp

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ぼくらの七日間戦争
     毎年フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭/MIFAは、新型コロナウィルス感染症の拡…
  2. アヌシー国際アニメーション映画祭
     アヌシー国際アニメーション映画祭が、中止されたリアルイベントに代わるオンライン映画祭の概要を明らか…
  3. 「アニメーターの仕事がわかる本」
     「アニメーターの仕事がわかる本」。最近僕の周りで「読んだ!」と言われる比率が圧倒的に高い本です。今…
ページ上部へ戻る