Cygames 音楽・映像ソフトの企画・制作・販売に進出 新会社Cymusicを設立

音楽

 スマホアプリゲーム大手のCygamesは、ゲームを起点の様々な領域にビジネスの拡大を図り、現在エンタメ業界の台風の目となっている。この6月1日には、新たに音楽・映像ソフトの企画・制作・販売・プロモーション、さらにアーティストマネジメントビジネスに進出ことを明らかにした。
 Cygamesは2018年5月28日付で、音楽・映像事業子会社「株式会社Cymusic(サイミュージック)」を設立した。本社はグループ各社の集まる東京・渋谷区南平台の住友不動産渋谷ガーデンタワーに置かれる。

 Cygamesは特に音楽分野への進出について、同社の主軸コンテンツであるゲームとの関連の深さを理由にあげる。またスマートフォンのスペックが向上により、現在はクオリティーの高い音楽が求められるようになっているという。そこでクオリティーの高い楽曲の制作するためにCymusicを設立した。
 ただ新会社は音楽だけでなく、映像ソフトの企画・制作、発売及びプロモーションも挙げている。Cygamesは近年、アニメ事業部門を拡大し、アニメーション制作のCygamesPicturesも設立するなどアニメ領域のビジネスに力を入れている。今後は、映像ソフトビジネスも自社でマネジメントすることが可能になる。

 国内のアニメビジネスは、深夜アニメを中心に映像ソフトが大きな役割を果たしている。近年は、ライセンスビジネスの拡大や動画配信もあり、その存在感がかつてほど大きくない。しかし、アニプレックスやバンダイナムコアート、エイベックスなど、映像ソフト会社はアニメビジネスの中核プレイヤーを演じている。
 ゲーム関連で昨年3月に、映像ソフトも手がけるDMM picturesを設立している。今年3月にはやはり音楽レーベルのDMM musicをスタートした。ゲーム会社のmixiもアニメ事業にますます積極的になぅており、オンライン/スマホアプリゲーム系の企業のアニメ事業の進出、ビジネスの総合化は、今後もまだまだ続きそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. オーバン・スターレーサーズ
     2006年に日本とフランスが共同制作された『オーバン・スターレーサーズ』は、世界中で放送され人気を…
  2. 鼎談
     2018年10月にフジテレビが立ち上げた深夜アニメ枠「+Ultra」は、「海外にアニメカルチャーを…
  3. 左)安田賢司監督、右)福井晴敏氏
    10月8日(金)、『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-』が劇場上映を…
ページ上部へ戻る