韓国・富川国際アニメーション映画祭 「君の名は。」が長篇部門コンペ作品に

第18回富川国際アニメーシュン映画祭

10月21日から5日間、韓国で開催される第18回富川国際アニメーション映画祭が、今年の長編部門のコンペティションに選ばれた7作品を発表した。このひとつとして国内で大ヒットになっている新海誠監督の『君の名は。』が選ばれた。
『君の名は。』は先日、ロンドン映画祭のメインコンペでも出品が発表されており、国際映画祭のコンペ入りは2作品目になる。本作の韓国での上映は、この映画祭が最初になりそうだ。
『君の名は。』以外では、スイス、ニュージランド、フランス、スペイン、カナダ、そして地元韓国からも選ばれている。いずれも秀作揃いで、この中で『君の名は。』がどのような評価を受けるのか気になるところだ。

富川国際アニメーション映画祭は、1999年に学生作品に特化してスタートした。その後、次第に学生以外の作品、海外の作品に対象を広げてきた。現在は国際映画祭として韓国を代表する映画祭になっている。
映画祭の原点となった学生部門は今年も充実している。世界各国から55作品がコンペインしているが、日本からは8本が選ばれた。『無限の火』(伊藤圭吾)、『Feed』(岡崎恵理)、『てのひらのにわ』(梅村晴香)、『Nou Nen feat.utae 』(冠木佐和子)、『アンケート』(木下絵李)、『Radio Wave』(宮嶋龍太郎)、『まごころ?マスター』(大山絵梨香)、『貝殻のウラ』(お・ゆんじぇ)である。

短編部門にも日本から4本が入っている。山村浩二監督の『サティの「パラード」』は、フランス・アヌシー、広島、オタワに続くコンペインとなる。このほかキム・ハケン監督の『Jungle Taxi』、板津匡覧監督の『みつあみの神様(Pigtails)』、田中孝弘監督の『UTOPA』となる。
『みつあみの神様』は、『百日紅~Miss HOKUSAI』のキャラクターデザイン・作画監督でも知られる板津匡覧監督になり、朗読劇のために作った異色の作品だ。プロダクション I.Gがアニメーション制作をしている。また『UTOPA』は、文化庁の若手アニメーター等人材育成事業(あにめたまご)の一作品として、スタジオ4℃が制作した。多様性のある作品をピップアップするのは、伸び盛りの映画祭だからこそだろう。
各部門から映画祭の終りにグランプリ、審査員特別賞、観客賞などが選ばれる。

第18回富川国際アニメーション映画祭
http://www.biaf.or.kr/2016/en/

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る