住友商事が映像クリエイターのマネジメント会社設立 米国チャーニングループと共同出資

企業ニュース

 メディア・エンタイメント事業の強化を進める住友商事の新たなビジネスが、映像クリエイターのマネジメントになりそうだ。住友商事は2018年4月26日、デジタル事業の投資子会社SCデジタルメディアを通じて、米国のフルスクリーン(FULLSCREEN, Inc)と映像クリエイターのマネジメント会社AlphaBoat合同会社を設立すると発表した。
 本社は東京・渋谷区に置かれ、代表には住友商事出身の西谷大蔵氏が就任する。西谷氏はデジタルメディア分野で、アニメなどの国内コンテンツの海外ライツ展開に携わってきた。
 AlphaBoatの社名は全ての始まりを意味するAlpha (α)と、人や物を届ける乗り物であるボートを組み合わせた。とりわけ2010年以降の新しい世代のクリエィティビティーを世の中に届けたいとしている

 住友商事は国内大手総合商社の一角だが、近年はアニメをはじめとする映像・エンタテイメント分野への進出に積極的だ。ジュピターテレコムが出資するアスミック・エースを通じて映画・アニメに大きく関わっている。また先頃は、中国の大手映画会社である大地メディアグループとの共同出資会社設立も発表したばかりだ。
 昨年4月には、米国のメディアコングロマリットのチャーニングループの戦略的提携を結んでいる。今回AlphaBoatに共同出資するフルスクリーンもチャーニンのグループ企業である。戦略的提携がかたちになって現れた。
 また住友商事は、やはりチャーニングループ属するイーレーションとアニメ製作出資のためのファンドも組んでいる。クランチロールは、海外向け日本アニメ配信の大手としてお馴染みである。

 新会社設立で気になるのは、AlphaBoatがどのようなビジネスモデルを描いているのかだ。発表によればAlphaBoatは、国内のクリエイターに独自の動画制作や分析ツールの提供することでコンテンツ制作支援するという。また活動の場を作ることで、クリエイターの収益化を支援する。
 同時に企業向けには、ソーシャルメディアや動画チャンネルを活用したマーケティング機能を提供する。ターゲットは若年層としている。ここでは新しいクリエイティブが重要になりそうだ。
 事業化にあたっては、すでに米国で実績を築いているフルスクリーンのノウハウを活かす。フルスクリーンはこれまでに8万人以上のクリエイターと協業して、映像などのデジタルコンテンツ制作をしてきたという。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 『オービタル・クリスマス』
     2018年6月30日0時からスタートした短編SF映画のクラウドファンディングが、ロケットスタートを…
  2. ミッシェル・オスロ監督
     アニメーション分野では世界最大の国際映画祭であるアヌシー国際アニメーション映画祭が、6月11日に開…
  3. 『詩季織々』
     2016年に新海誠監督の『君の名は。』で日本中を揺るがしたコミックス・ウェーブ・フィルム(CWF)…
ページ上部へ戻る