「夜明け告げるルーのうた」「夜は短し歩けよ乙女」米国公開へ、GKIDSが配給権獲得

映画ビジネスのニュース

 米国の映画配給会社GKIDSは、2018年1月2日、湯浅政明監督の3本の劇場映画の米国配給権を獲得したことを明らかにした。2017年に日本公開された『夜明け告げるルーのうた』、『夜は短し歩けよ乙女』、そして2004年に公開された『マインド・ゲーム』である。
 GKIDSは1月18日から米国ソルトレイクシティーで開催されるサンダンス映画祭で、『夜明け告げるルーのうた』と『夜は短し歩けよ乙女』の英語吹き替え版をプレミア上映する予定だ。世界最大のインディペンデント映画祭にて、湯浅政明監督がどのように受け入れられるか関心が集まる。また3作品とも、英語字幕版での劇場公開もする。

 湯浅政明監督は大学卒業後、亜細亜堂を経て独立。現在は、自身のスタジオであるサイエンスSARUにて積極的に作品づくりをしている。
 その斬新な映像と、意表を突いた演出に定評があり、今回GKIDSが配給する『マインド・ゲーム』は初監督作で出世作でもある。2004年の文化庁メディア芸術祭のアニメーション部門大賞を受賞している。
 その後もテレビアニメ『ケモノヅメ』、『四畳半神話大系』、『ピンポン THE ANIMATION』などでキャリアを重ねた。とりわけ海外のファンが多く、2014年には米国の人気カートゥーン番組『アドベンチャー・タイム』のエピソード「Food Chain」の監督・脚本・絵コンテを担当している。

 そうしたなかで2017年に発表した『夜明け告げるルーのうた』はアヌシー国際アニメーション映画祭で長編部門グランプリ(クリスタル賞)を、『夜は短し歩けよ乙女』はオタワ国際アニメーション映画祭でグランプリを獲得。さらに湯浅監督への注目が増している。そんな注目の高まりにGKIDSが目をつけた。
 GKIDSは小規模の配給会社ながら、良質のアニメーション映画のピックアップに定評がある。同社が配給を手がけた海外アニメーションから、米国アカデミー賞長編アニメーション部門ノミネートが多数輩出していることからその質の高さがわかる。『夜明け告げるルーのうた』と『夜は短し歩けよ乙女』が2018年に公開されれば、アカデミー賞へのエントリー資格も獲得し、ノミネートの可能性も広がる。
 GKIDSを通じた湯浅監督の米国本格上陸は、2018年のアニメ界のトピックになりそうだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「21世紀のアニメーションがわかる本」、土居伸彰
     2017年9月に土居伸彰氏が上梓した「21世紀のアニメーションがわかる本」のページを開いた時に、軽…
  2. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  3. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
ページ上部へ戻る