「キャプテン翼」再アニメ化 ‘18年4月よりテレビ東京で放送、制作はデイヴィッドプロダクション

「キャプテン翼」

 高橋陽一による人気マンガ『キャプテン翼』が、新たにアニメ化される。2017年12月13日にテレビ東京のプレゼンテーションルームで記者会見が開催され、原作者の高橋陽一らが登壇するなかで発表された。
 新作アニメはテレビシリーズとなり、2018 年4 月放送よりテレビ東京他にて放送を開始する。物語のはじまりとなる小学生編から新たに描き直す。
 主人公大空翼が南葛小学校に転入し、若林源三や日向小次郎らライバルたちと出会い、戦うなかで成長していく様子を原作に沿って描くことになる。ただし80年代にスタートした作品だけに、細かな設定は現代に合わせてアレンジされるとのことだ。

 『キャプテン翼』は1981年に、マンガ誌「少年ジャンプ」(集英社)で連載を開始した。1983年には百も最初のアニメ化がスタートしている。これらが爆発的な人気を呼び、80年代以降を代表するスポーツマンガとなった。
 日本だけでなく、世界中で人気が高いことでもよく知られている。サッカー界で活躍する選手のなかにも、子どもの頃にアニメで観た『キャプテン翼』がプロを目指すきっかけとする者も少なくない。それだけに、新作アニメは日本だけでなく、世界展開も視野にしていると言っていいだろう。2020年には東京オリンピックもありスポーツへの関心が大きく高まるとみられるが、それに合わせた大型タイトルの投入にもなる。

 テレビアニメ化は、1983年~、1994年~、2001年~と、3度ある。今回で4度目となる。いずれも小学生編から描かれていたが、今回は2018年ならの新たなスタッフとキャストが目玉になりそうだ。
 アニメーション制作は、テレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズや『モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON』などのデイヴィッドプロダクションが手がける。監督は『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』、『レベルE』の加藤敏幸、シリーズ構成は「ポケットモンスター」シリーズや「イナズマイレブン」シリーズの冨岡淳広ら実力派が並ぶ。大空翼役の三瓶由布子の起用も話題を呼びそうだ。
 
『キャプテン翼
ボールはともだち.com http://ball-ha-tomodachi.com/

[スタッフ]
監督: 加藤敏幸
シリーズ構成: 冨岡淳広
キャラクターデザイン・総作画監督: 渡辺はじめ
音楽: 松尾早人
音響監督: 岩浪美和
アニメーション制作: デイヴィッドプロダクション

[キャスト]
大空翼: 三瓶由布子
若林源三: 鈴村健一
岬太郎: 福原綾香
石崎了: 田村睦心
日向小次郎: 佐藤拓也
ロベルト本郷: 小西克幸

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る