NHK総合で「ピアノの森」などアニメ3作品決定 京都アニメーションもNHKに

ピアノの森

 全国地上波2局、衛星放送2局を持つNHKは、アニメ番組の放送数でも国内で飛び抜けた存在だ。その隠れたアニメ放送の巨人が、近年、アニメにさらにアクセルをかけている。大人向けのドラマ性の高いテレビアニメシリーズをにNHK総合に投入する。
 これまでNHKの新作アニメは、BSやEテレが中心で、幅広い視聴者を想定している総合チャンネルではこうした作品は放送していなかった。それが2016年秋からの『3月のライオン』を皮切りに、『アトム ザ・ビギニング』、『THE REFLECTION』と次々に新作が登場している。いずれも時間帯は土曜23時から23時25分、多くの視聴者がテレビの前にいる時間だ。アニメを誰でも楽しめる番組と位置づけていることが窺える。

 そうしたラインナップにさらに有力作品が加わることが明らかになった。NHKは10月23日、新作テレビシリーズ3作品を 全国地上波2局、衛星放送2局を持つNHKは、アニメ番組の放送数でも国内で飛び抜けた存在だ。隠れたアニメ放送の巨人が、近年、アニメにさらにアクセルをかけている。大人向けのドラマ性の高いテレビアニメシリーズをにNHK総合に投入している。
 これまでNHKの新作アニメは、BS局やEテレが中心で、幅広い視聴者を想定している総合チャンネルではこうした作品は放送していなかった。それが2016年秋の『3月のライオン』を皮切りに、『アトム ザ・ビギニング』、『THE REFLECTION』と次々に新作が登場している。いずれも時間帯は、土曜23時から23時25分、多くの視聴者がテレビの前にいる時間だ。アニメを誰でも楽しめる番組と位置づけていることが窺われる。

 そうしたラインナップにさらに有力作品が加わることが明らかになった。NHKは10月23日、新作テレビシリーズ3作品を一挙に発表した。まず2018年4月の『ピアノの森』をスタートに『ツルネ』、『つくもがみ貸します』をNHK総合で放送する。
 『ピアノの森』は、現在放送中の『3月のライオン』第2シーズンの後を引き継ぐ可能性が高そうだ。『ツルネ』、『つくもがみ貸します』は、2018年度内NHK総合とだけしており放送時期、時間は明らかにされていない。

 『ピアノの森』は、マンガ雑誌「モーニング」(講談社)で一色まことが連載したマンガが原作となる。ピアニストを目指す少年少女の成長を描く。2007年に一度、アニメーション制作マッドハウス、小島正幸監督で劇場アニメ化されたことがある。今回は11年ぶりの映像化、初のテレビシリーズとなる。大ヒットマンガが原作だけに、話題を呼びそうだ。
 NHK総合のテレビアニメシリーズは幅広い層にアピールする題材が選ばれているが、『ピアノの森』もドラマ性の強さからそれが垣間見える。メインキャラクターの子供時代のピアノ演奏を実際に少年少女を対象にしたオーディションで決定するというのも、そうした現れかもしれない。

 弓道に打ち込む男子高校生たちが主人公の『ツルネ』は、3作品のなかで唯一つアニメーション制作会社が発表されている。京都アニメーションが担当する。京都アニメーションは、『涼宮ハルヒの憂鬱』、『けいおん!』、『Free!』など人気作品を輩出していることでお馴染みだ。
 NHKでは他局で先に放送された京都アニメーション制作番組の放送はこれまでにもあるが、NHKが最初になるのは今回がはじめて。京都アニメーションは、若いアニメファンの間で現在圧倒的な人気を誇っている。本作だけ制作会社を明らかにしていることからも、アニメスタジオが目玉の番組であることが分かる。
 NHKの作品では『3月のライオン』でも、アニメーション制作に人気スタジオのシャフトが起用されている。一般層を意識すると同時に、アニメファンのツボもついている。

 最後の『つくもがみ貸します』は、畠中恵の人気小説が原作だ。江戸を舞台に道具のレンタル業を営む姉弟が主人公。その古道具には、妖怪となったものも含まれており…といたストーリーを紡ぐ。洒脱でウィットに富んだ大人向けの人情話にするとしている。
 
TVアニメ「ピアノの森」
2018年4月よりNHK総合テレビにて放送予定
http://piano-anime.jp

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る