独占配信「PLUTO」、新たに「大奥」「ヤキトリ」も NetflixのAnimeJapan2023ステージ

NetflixのAnimeJapan2023

 Netflixが日本初のオリジナルアニメタイトルの配信開始をして、すでに5年あまり。日本アニメ業界ではすでにお馴染みの顔ぶれになっている。
 年に一度、東京ビッグサイトで開催されるアニメの祭典「AnimeJapan」でも、毎年大きな企業ブースを出展、ステージイベントも行われる。2023年は3月25日と26日に開催される「AnimeJapan 2023」では、初日25日に、会場内BLUE STAGEでネトフリアニメ スペシャルステージが実施された。ここでNetflixが注力する最新作の情報が相次いで発表された。

 まずは今回が制作発表となったのが、よしながふみの人気マンガ『大奥』のシリーズアニメになる。実写ドラマが話題を呼んだばかりだが、監督に『BLEACH』や『アルスラーン戦記』の阿部記之を迎え、音楽に川井憲次を迎えるなど話題性もたっぷりだ。企画・製作はNetflixで、2023年夏から独占配信を予定する。
 そしてもうひとつは、『幼女戦記』などで人気のカルロ・ゼンのSF戦争小説『ヤキトリ』だ。監督は安保英樹、脚本に堺三保、キャラクターデザインに山形厚史を採用した。アニメーション制作は北海道に拠点を持つCGスタジオもアレクト、さらに音楽を日本を代表するテクノミュージック大物のケン・イシイが担当する。異色の起用も話題を呼びそうだ。

大奥

ヤキトリ

 Netflixは自社ブースでも自社関連作品に関係するトークを実施しているが、メインステージでのイベントは、特別なものである。同社が今後、特に注力するタイトルと言っていいだろう。
 2023年のステージを飾ったのは、『PLUTO』である。手塚治虫の『鉄腕アトム』の一篇「地上最大のロボット」をベースにマンガ家・浦沢直樹の作画でリブートさせた傑作である。2月の制作決定発表が大きな話題を呼んだが、「AnimeJapan 2023」では新たに浦沢直樹、手塚眞、声優でアトム役の日笠陽子、ウラン役の鈴木みのりらを迎えてあらためてトークステージで、配信に向けて『PLUTO』を盛り上げた。

 本作の生みの親とも言える浦沢は、この企画は随分前からあったが、内緒であったため言いたくても黙っていたのだという。「やっと言える」と安堵と喜びを含んだ感慨深い挨拶となった。
 そして『PLUTO』の原案である「地上最大のロボット」については、5歳の時から惹かれていた作品だと明かした。そのうえで全マンガのなかで中央に鎮座する作品、そして得体の知れない切なさのある作品と評する。 さらに現在も戦争が続くなかで、60年前に提示した物語が現在も有効であると指摘。これこそが5歳の時の自分が感じた切なさなのでないかとした。アニメ化と合わせて、手塚作品への深い愛を明らかにした。
 また浦沢自身が描き下したキービジュアルも公開され、会場から大きな拍手を浴びていた。最後は登壇者全員によるフォトセッションとなり、ステージの幕を閉じた。Netflixのキラータイトルとして、アニメ『PLUTO』は2023年に引き続き大きな関心を浴びそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る