「ソードアート・オンライン」さらなる展開 TVアニメシリーズ2作品を同時製作発表

、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』と『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』

 川原礫の人気小説を原作としたアニメ「ソードアート・オンライン」シリーズが、2018年以降にさらに大きな展開を目指す。2017年10月1日、東京・秋葉原で開催された「電撃文庫 秋の祭典2017」にて、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』と『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』のアニメ製作が発表された。
 『アリシゼーション』と『オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』は、いずれもテレビシリーズとなる。人気シリーズではあるが、2タイトル同時のテレビアニメ化は大きなサプライズになった。シリーズの放送時期や制作スタッフ、アニメーション制作会社は、今回は明らかにされていない。

 YouTubeにも公開されている『アリシゼーション』の告知PVは、『劇場版 ソードアート・オンライン –オーディナル・スケール-』のラストシーンから始まっている。作品がこれまでの2つのテレビシリーズと劇場映画から直接つながっていることが分かる。
 一方『オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』は、川原礫の監修のもと『キノの旅』などで知られる時雨沢恵一とイラストレーター黒星紅白が作りだした小説を原作にする。2014年から電撃文庫で刊行されており、『ソードアート・オンライン』と同じ世界観を共有するものの、異なる主人公、新たなゲームの世界を舞台にする。本作のアニメ化でシリーズのメディアミックスは、さらに拡大、新たなフェーズに入ることになる。

 プロジェクトの拡大展開は、これまでのシリーズの高い人気が支えている。2017年2月18日に全国公開された『劇場版 ソードアート・オンライン –オーディナル・スケール-』は、興行収入25億2300万円、観客動員数177万人の大ヒットとなっている。さらに9月27日にはBlu‐rayとDVDが発売され、いずれもオリコン週間ランキングで総合1位となった。出荷本数は10万本を超えるとみられ、絶好調だ。
 さらにシリーズの人気とビジネスを支えるのは海外でのファンの支持の高さだ。9月15日には、中国にて6000館規模で公開された。中国で全国公開される日本アニメの本数は限定されており、その数少ない1本になっている。興行収入は5300万元と日本円で9億円を超えた。世界興行収入も43億円を超えるなど、今後は海外での展開もますます広がりそうだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る