シッチェス映画祭、日本アニメが多数コンペイン 長編コンペ5本に短編部門も

第50回シッチェス国際映画祭

 2017年10月5日から15日まで、スペインにて第50回シッチェス国際映画祭(SITGES Festival Internacional de Cinema Fantàstic de Catalunya)が開催される。シッチェスは世界3大ファンタスティック映画祭のひとつとしても知られ、ジャンル映画と呼ばれるSFやファンタジー、ホラー、サスペンス、アニメーションといった作品にフォーカスしてきた。
 そのオフシャル出品作がこのほど出揃った。世界各国から330本以上が集まり、シッチェスならではラインナップ、エンタテイメントたっぷりの映画が上映される。
 またシチェスは数ある国際映画祭の中でも日本監督の作品を多く取り上げることでよく知られている。2017年もオフィシャルコンペから企画部門まで、数多くの日本作品が登場する。

 とりわけ日本の存在感が大きいのは、アニメーションである。今回は7本の長編映画、3本の短編映画が公式上映される。
 まずアニメーション映画のオフィシャルコンペティションである「Anima’t」には、6本がラインナップされた。『聲の形』(山田尚子監督)、『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(神山健治監督)、『打ち上げ花火、下から見るか 横から見るか』(新房昭之総監督、武内宣之監督)、また湯浅政明監督は『夜明け告げるルーのうた』と『夜は短し歩けよ乙女』の2作品。国際映画祭での上映が続く湯浅監督だが、2作品同時コンペインはオタワ国際アニメーション映画祭に続くものだ。
 さらに日仏合作の『MUTAFUKAZ』がコンペインをした。フランスのバンドデシネを原作に同国のアンカマが製作した。制作は日本のSTUDIO 4℃が担当し、ギョーム・ルナールと西見祥示郎が共同監督を務めている。
 また学童映画として「Anima’t – Sessió Escoles」が『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』が上映される。同部門は1作品のみとなっているが、こちらもコンペティションの対象になると見られる。長編部門は10作品のうち、7作品が日本関係で占めたことになる。

 日本以外の3作品は中国の『大魚・海棠』、英国・ポーランド合作の『ゴッホ~最期の手紙~』、ドイツの『テヘラン・・タブー』。いずれも今年6月のアヌシー国際アニメーション映画祭にも出品されていた。『聲の形』、『夜明け告げるルーのうた』も含めて5作品が、アヌシーに続きコンペを繰り広げることになる。

 本年は短編アニメーションの出品もある。オフシャルコンペの「Anima’t Shorts」には、小川育監督の『I think you’re a little confused』、佐野雄太監督の『REDASH』はSTUDIO 4℃の手がけたCG作品。
 さらにコンペティションには含まれないオフシャル上映として、神風動画が制作した『COCOLORS』も上映される。こちらもCGアニメーションである。

 実写映画は日本から30作品近くになった。オフィシャルコンペには、黒沢清監督の『散歩する侵略者』、三池崇史監督の『無限の住人』、矢口史靖監督の『サバイバルファミリー』が選ばれている。三池監督は、このほか『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』が特別上映される。本作は映画の開催地であるシッチェスでロケをしており、現地とは縁が深い。
 このほか北野武監督の『アウトレイジ 最終章』、園子温監督の『東京ヴァンパイアホテル』、岩井俊二監督の『リップヴァンウィンクルの花嫁』ら注目の監督が並ぶ。ジャンル映画分野での日本の存在を感じさせる。

第50回シッチェス国際映画祭
SITGES Festival Internacional de Cinema Fantàstic de Catalunya

http://sitgesfilmfestival.com/eng/

日本のアニメーション関連作品

長編アニメーション部門(Anima’t) 
■ 『聲の形』 山田尚子監督
■ 『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』 神山健治監督
■ 『打ち上げ花火、下から見るか 横から見るか』 新房昭之総監督、武内宣之監督
■ 『夜明け告げるルーのうた』 湯浅政明監督
■ 『MUTAFUKAZ 』 ギョーム・ルナール監督、西見祥示郎監督
■ 『夜は短し歩けよ乙女』 湯浅政明監督

長編アニメーション部門 学童作品(Anima’t)
■ 『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』 髙橋滋春監督、ウシロシンジ監督

短篇アニメーション部門
[Anima’t – shorts -]
■ 『REDASH』 佐野雄太監督
■ 『I THINK YOU’RE A LITTLE CONFUSED』 小川育監督
[Anima’t – shorts – out of competition]
■ 『COCOLORS』 横嶋俊久監督

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オリジナルTVアニメ「URAHARA」
     日本のアニメがネット配信を通じて世界中に広がる中で、映像配信プラットフォーム発のオリジナルアニメが…
ページ上部へ戻る