105年間で1万4千作品17万話、アニメ総合データベース「アニメ大全」来春公開

アニメ大全

 誕生から105年の歴史を誇る日本のアニメーション。その長い歴史の中で作られた作品1万4000タイトル以上をデータベース化した情報サイト「アニメ大全」がいよいよ公開に向けて動き出す。
 一般社団法人日本動画協会が推進する「アニメNEXT_100」プロジェクトは、2022年3月より日本のアニメ総合データベース「アニメ大全」の公開をすることを明らかにした。すでにデータのシステムが出来ており、この秋から試験運用をして来春の本公開を目指す。
 
 注目されるのは、このデータベースの情報量だ。発表によれば1910年代の33作品から2021年9月16日までにリリースされた1万4249作品を基本情報としたことだ。話数ごとの作品では17万7474件となり、世界最大規模の日本アニメのデータベースだとしている。アニメ研究やビジネスでの利用、さらびアニメファンの情報取得などでの利用している。
 データベースでは各作品の詳細情報を掲載し、作品名からの検索、年代検索、五十音検索、キーワード検索などが可能になる。多方面から情報アクセスを想定する。試験運用中は、アニメ制作関連の各社、著作権者、有識者などによりデータ精査と機能・動作確認し、改修・更新を加えたうえで本公開につなげる予定だ。

 登録された作品は、映画やテレビシリーズ、OVAなど商業アニメが中心とみられる。その登録作品からは、近年の日本アニメの拡大ぶりも窺える。
 1920年代、30年代、40年代、50年代は各10年間で100作品から200作品程度であったのが、テレビアニメ放送がスタートした60年代は367作品に一気に拡大する。ビデオやDVDなどが一般化した90年代には2531作品、2000年代に3162作品となった。さらに2010年代は5267作品で、この10年間だけで、データ全体の1/3にもなる計算だ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る