東京アニメアワードフェスティバル 2017年の開催日発表、コンペ作品募集開始

東京アニメアワードフェスティバル2017

東京から世界に向けたアニメーション映画祭として、2014年にスタートした東京アニメアワードフェスティバルが第4回となる2017年の開催日程を発表した。2017年3月10日から13日までの4日間を予定する。
2016年の日程は3月18日から21日だったので、今年よりも開催が2週間あまり繰り上がる。また大型アニメイベント AnimeJapan 2017はすでに3月25日から27日までのスケジュールを発表しており、来年も今年と同様に日程の重なりは避けられる。
一方で、2014年から2016年は東京・中央区のTOHOシネマズ 日本橋を会場としていたが、2017年の会場は、現在は東京とだけしている。詳しい場所は、今後の発表を待つことになる。
また主催は東京アニメアワードフェスティバル実行委員会と一般社団法人日本動画協会、東京都が共催する。運営事務局は秋葉原の日本動画協会内に置かれる。

東京アニメアワードフェスティバルは、国内外の優れたアニメーションの紹介、作品と業界に対する功労者の顕彰を目的にスタートした。東京国際アニメフェアで続けられていた東京アニメアワードや功労賞部門も承継している。
毎年開催されるコンペティション部門も注目されるひとつだ。長編アニメーション部門(60分以上)、短編アニメーション部門(30分未満)の2部門で世界各国から作品が応募される。2016年は長編部門ではレミ・シャイエ監督の『LONG WAY NORTH』が、短編部門はMataić Siniša監督の『Off Belay』がグランプリに輝いた。

フェスティバル事務局は、コンペティション部門の応募受付も開始した。2015年1月1日以降に完成したアニメーションで、日本でこれまで商業展開をしたことのない作品が対象となる。締切は短編アニメーションが2016年10月31日、長編アニメーションが同11月20日まで。応募作品の中からノミネート作品が決まり、会期中にグランプリなどの各賞を発表する。
またフェスティバルでは、2016年に一旦応募をしたにも関わらず、事務局に作品が手渡されず、選考が出来なかった作品についても2017年の対象作品として審査を進めるとしている。ただし、作品が手元にないことから、応募者個々に作品の再応募を呼びかけている。
2016年は長編グランプリの『LONG WAY NORTH』、優秀賞の『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』などが関心を集めるなど、映画祭後も話題になる作品も少なくない。国内未公開、未配給の作品が上映にかかることも多く、貴重な作品をスクリーンで観る機会としても期待される。

東京アニメアワードフェスティバル2017 http://animefestival.jp/ja/
開催日程: 2017年3月10日(金)~13日(月) (予定)
会場: 東京

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「マチ★アソビ」vol.18
     アニメ/ゲーム/マンガの大型イベント「マチ★アソビ」の18回目が、2017年5月5日から7日まで徳…
  2. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
  3. TOKYOFOUCUSの企画ピッチ
     世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画で…
ページ上部へ戻る