「君の名は。」北米興収2週目で3億7000万円 映画批評家の98%が高評価

映画ビジネスのニュース

 2016年8月に劇場公開、空前の大ヒットとなった新海誠監督の『君の名は。』が、2017年4月7日から北米公開となった。配給は日本アニメ・映画を得意とするファニメーション(Fanimation)が担当、公開スクリーン数は311である。
 初週末の興行収入は米国の映画興業情報サイトBOX OFFICE MOJOによれば181万3782ドル、日本円で2億円近くとなった。週末興収ランキングは13位と、1000スクリーンから4000スクリーンで公開される作品が並ぶ中で大健闘となった。
 なかでも1スクリーン当たりの売上の高さが特長となっている。『君の名は。』のスクリーンアベレッジは週末3日間で5832ドル。これを超えたのは、上位50作品のなかでは興収1位の『The Boss Baby』、第2位の『美女と野獣』(実写)、そして56館で公開した『Gifted』の3作品のみだ。

 順調なスタートもあり、2週目に入ってもスクリーン数は292と当初の水準を維持している。公開10日目になる4月16日までで、興行収入は336万9779ドル(約3億7000万円)に達した。
 これは米国で公開された日本アニメとして歴代12位にあたる。『君の名は。』より上には歴代1位の『ポケモン:ファーストムービー』のほか、『遊戯王』、『デジタルモンスター』、『ドラゴンボールZ』などキッズ作品、そして数々の宮崎駿監督作品や『借りぐらしのアリエッティ』のスタジオジブリ作品が並ぶ。『君の名は。』は、『もののけ姫』、『イノセンス』、『バケモノの子』などを上回った。
 またこれらの作品はいずれもワーナー・ブラザース、ブエナビスタ(ディズニー)、FOXといったハリウッドメジャーの配給である。12位まででメジャー以外の配給は、『君の名は。』と同じくファニメーションが配給する『ドラゴンボールZ 復活の「F」』のみがランキングしている。

 配給のファニメーションは、1994年に設立された。日本アニメに特化した配給会社として知られている。90年代から2000年代にかけては、日本アニメのビデオ、DVD、ブルーレイの発売で大きなシェアを握ったトップ企業だ。
 劇場配給は多角化の一環として始めた。しかし、日本映画というニッチなジャンルを扱うことから、スクリーン規模は大きくなく、1日のみ、2日間のみのイベントとしての上映会が大半だ。300館規模の継続的な公開はほとんどなく、ファニメーションにとって今回の『君の名は。』は大きな冒険だった。しかし、そうした努力は報われた。

 また興行以上に注目されるのが、作品への高い評価だろう。米国の映画批評サイトとして有名な「Rottentomatoes」では、批評家による評価(TOMATOMETER)で98%が肯定的、観客の評価(オーディエンス・スコア)でも95%という驚異的な数字を叩き出し、トップページでも紹介する。いずれも少数の批評でなく、批評家では81人、観客では5616人を集計したものだ。
 とりわけ批評家では、Rottentomatoesが重視するトップ評論家(TOP Critic)が16人含まれている。うち15人が高評価を与えた。この中にはヴァラエティ、ハリウッドレポーター、タイムアウト、ヴィレッジボイス、ワシントンポスト、ロサンゼルスタイムズ、ニュヨークタイムズなどに掲載する著名評論家が並ぶ。劇場興行の規模は必ずしも大きくなかったが、『君の名は。』、そして監督「新海誠」の名前を北米の映画業界に強烈に印象づけたという点で、『君の名は。』の北米興行は大きな成功を収めたと言っていいだろう。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  米国の独立系映画会社GKIDSとフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭、そしてハリウッドビジネ…
  2. 「マチ★アソビ」vol.18
     アニメ/ゲーム/マンガの大型イベント「マチ★アソビ」の18回目が、2017年5月5日から7日まで徳…
  3. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
ページ上部へ戻る