プロダクション I.G USA社長に寺島真樹子氏が就任

企業ニュース

 2017年4月1日付で、アニメ製作のIGポートの米国現地法人Production I.G.,LLC(プロダクション I.G USA)の新たな社長に寺島真樹子氏(MAKI TERASHIMA-FURUTA)が就任した。寺島真樹子氏は、1997年の設立当初からプロダクション I.G USAに関わってきた。
 日本のアニメ製作会社が米国に現地法人を持つケースはいまでも少ないが、プロダクション I.Gは海外営業の窓口として設立10年目にプロダクション I.G USAを米国・ロサンゼルスに立ち上げた。2010年には米国の大物プロデューサーであるアヴィ・アラッド氏が同社の会長に就任している。

 プロダクション I.G USAは、映画『イノセンス』の海外事業やカートゥーンネットワークとの共同製作『IGPX』、近年はNetflixとの『CYBORG009 CALL OF JUSTICE 』や『パーフェクト・ボンズ』などのIGポートグループの米国プロジェクトの核となっている。
 寺島氏はそうした海外事業で大きな役割を果たした。先頃、日米で公開された士郎正宗の人気マンガを実写化した『ゴースト・イン・ザ・シェル』では、共同プロデューサーも務めている。
 日本のアニメビジネスは、現在、急速に国際化している。Netflixとのプロジェクトに代表されるように、国内のアニメ製作会社が直接、海外企業につながるケースも増えている。そうしたなかでプロダクション I.G USAと寺島氏の役割もますます広がりそうだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
  2. TOKYOFOUCUSの企画ピッチ
     世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画で…
  3. COCOLORS
     独自のセルスタイルのCGアニメで、先進的な表現を追求するスタジオ、それが神風動画である。その神風動…
ページ上部へ戻る