AnimeJapan 2017過去最高、来場者数14万5453人 2018年開催発表

AnimeJapan 2017

 2017年3月23日から26日まで、東京ビッグサイトで開催された総合アニメイベント「AnimeJapan 2017」が、大盛況と共に閉幕した。主催者発表によれば、期間中の来場者数は4日間で14万5453人となった。これにはメインエリアの入場者のほか、併催する「ファミリーアニメフェスタ 2017」の来場者数、ビジネス関係者、プレスも含まれる。
 前年比で7%増となり、2016年の13万5323人から1万人以上増えたことになる。開催4日間のうち前半2日間はビジネス関係者のみとなっており、一般来場者が参加する後半2日間で14万人超、各日約7万人が、東京ビッグサイトに訪れた計算だ。

 AnimeJapan は、2014年にそれまであった二つのアニメイベントである東京国際アニメフェアとアニメ コンテンツ エキスポが合流するかたちでスタートした。開催当初からに人気を集めていたが、開催4年目となったことでファンの認知度が向上したことも来場者増につながったと見られる。
 また2017年は併催イベント ファミリーアニメフェスタ 2017も含めて、メインエリアの会場が東1~6ホールから、東1~8へ会場面積を大幅に拡大している。これに伴い出展企業や、小間数も増加したことも大きく伸びたファンの収容に貢献した。

 アニメファン以外のビジネス来場者数の大幅な増加も、2017年の特長だ。ビジネス来場者数は国内と海外を合せて4051人、前年の3309人より22%もの増えた。こちらも出展企業数の増加や関連イベントの開催が動員を牽引したとみられる。
 また小学生以下のこどもたちのためのファミリーアニメフェスタ 2017でも来場者数が1万1770人と13%増となっている。こちらも3年目を迎えたことから、認知度があがっているようだ。

 こうした盛況もあり、早くも2018年のAnimeJapanの開催が発表された。2018年も東京ビッグサイトを会場に3月22日(木)から25日(日)の4日間を予定する。4日間開催となることから、前半2日間のビジネスエリア、後半2日間のメインエリアの日程が組まれると見込まれる。
 引き続き、日本のアニメシーンを牽引する大型イベントとして関心を集めそうだ。

AnimeJapan 2017 
http://www.anime-japan.jp/

[開催実績]
総来場者数: 14万5453人
ビジネス来場者数(国内・海外): 4051人
ファミリーアニメフェスタ 2017来場者数: 1万1770人
プレス来場数: 638社1285人(国内:591社1205人 / 海外:47社80人)

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る