VFX-JAPANアワード最優秀賞に「シン・ゴジラ」「君の名は。」など

アワード/コンテスト

 国内のCG・VFX業界の団体であるVFX-JAPANが、2016年の成果を顕彰するVFX-JAPANアワード 2017の最優秀賞を発表した。2017年3月10日、東京・秋葉原UDXシアターにて表彰式を開催、すでに発表されている優秀賞への表彰と合せて、その場で発表された。
 アワードは7部門に分かれており、それぞれ4つの優秀賞(ショートフィルム部門のみ3作品)が選ばれた。このなかから最優秀賞が決まった。

 最優秀賞は劇場公開実写映画部門が『シン・ゴジラ』、劇場公開アニメーション映画部門は『君の名は。』となった。2016年の映画界を席巻した2作品が、映像のテクノロジーと表現でも高い評価を受けたかたちだ。
 テレビ番組部門はNHKの歴史科学ドキュメント『知られざる恐竜王国ニッポン』。ゲーム映像部門は『FINAL FANTASY XV』だった。同作は劇場アニメーション版もアニメーション映画部門で優秀賞となっている。
 CM・プロモーションビデオ部門は、オムニバス・ジャパンが制作した『ガメラ生誕50周年記念映像』である。ショートフィルム部門は『機動警察パトレイバーREBOOT』で、カラー デジタル部が映像を手がけている。そして先導的視覚効果部門は『9次元からきた男』である。

 VFX-JAPANは、国内のCG・VFX技術の発展と拡大を背景に2012年に業界の活性化を目的に設立された。VFX-JAPANアワードはその活動の一環で、今年で5回目を迎える。
 最優秀賞はVFX-JAPANの個人会員、法人会員の投票によって決められる。2016年は話題作の多い中で、やはりと思わせる結果となった。

 アニメーションは、CG活用のなかでもとりわけ重要なジャンルのひとつである。劇場公開アニメーション映画部門が設けられているほか、他部門での優秀賞も数多い。
 劇場公開アニメーション映画部門は最優秀賞のほか、『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』、『GANTZ:0』、『ルドルフとイッパイアッテナ』が優秀賞に輝いた。ショートフィルム部門は最優秀賞の『機動警察パトレイバーREBOOT』を含め、『ムーム』、『THE GIFT』と全てがアニメーションだった。
 またテレビ番組部門では深夜アニメの『ブブキ・ブランキ』、そして『SUSHI POLICE』、CM・プロモーションビデオ部門では『Max Man & Maya Man』と『athome.CO.JP 物語』篇、先導的視覚効果部門でも『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』が挙がっている。その多様な作品群は、CGアニメーションの表現の幅の広さを示している。

一般社団法人VFX-JAPAN
https://vfx-japan.jp/

■ 劇場公開実写映画部門 最優秀賞
『シン・ゴジラ』
TMA1 ディレクター 佐藤敦紀

■ 劇場公開アニメーション映画部門 最優秀賞
『君の名は。』
3DCGチーフ 竹内良貴

■ テレビ番組部門 最優秀賞
『知られざる恐竜王国ニッポン』
NHK番組制作技術(CGVFX) VFXスーパーバイザー 松永孝治

■ ゲーム映像部門 最優秀賞
『FINAL FANTASY XV』
スクウェア・エニックス 第2ビジネス・ディビジョン 加藤秀和

■ CM・プロモーションビデオ部門 最優秀賞
『ガメラ生誕50周年記念映像』
オムニバス・ジャパン コンテンツプロダクションセンター VFX/CG Producer 城戸久倫

■ ショートフィルム部門 最優秀賞
『機動警察パトレイバーREBOOT』
カラー デジタル部 CGI作画監督 松井祐亮

■ 先導的視覚効果部門 最優秀賞
『9次元からきた男』
オムニバス・ジャパン コンテンツプロダクションセンター プロデューサー 徳重岳浩

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る