「君の名は。」ベルギーのアニメーション映画祭で観客賞 「バケモノの子」に続き2年連続日本から

ANIMA

 2017年2月24日から3月5日まで、ベルギーの首都ブリュッセルで国際アニメーション映画祭「ANIMA」が開催された。2017年で開催から36年目を迎えるヨーロッパを代表するアニメーション映画祭のひとつである。
 会期中10日間で279本の作品が上映され、VRの企画を初めとした特集上映も設けられた。また世界各国からゲストも訪れ、動員数は前年の4万2000人を大きく超え、過去最高を記録するほどの盛況となった。

 映画祭の最終日となった5日には、7部門からなるコンペティション部門の受賞作品が発表された。このうち観客賞・最優秀長編アニメーション賞に、新海誠監督の『君の名は。』が選ばれた。『君の名は。』が海外でアワードに輝くのはスペインのシッチェス・カタロニア国際映画祭の最優秀長編アニメーション賞、プチョン国際アニメーション映画祭の優秀賞/観客賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞長編アニメーション賞に続くものだ。
 ANIMAの国際コンペティションは、審査員賞(Jury Awards)と観客賞(Audience Awards)に大きく、ふたつに分かれている。しかし、審査員賞は短編作品を対象としているため、観客賞は長編映画では映画祭の最高の賞にあたる。
 観客賞・最優秀長編アニメーション賞は、昨年は細田守監督の『バケモノの子』が受賞している。2年連続で日本作品が受賞したことになる。

 ANIMAの長編アニメーションの2017年のコンペティション作品は、11本。日本からは『君の名は。』のほか、長井龍雪監督の『心が叫びたがってるんだ。』と片渕須直監督の『この世界の片隅に』も出品されていた。このうち『心が叫びたがってるんだ。』は、スポンサー賞にあたるBeTV最優秀長編アニメーション賞を受賞している。日本から2作品がアワードに選ばれ、その存在感を発揮した。
 昨年は水尻自子監督の『幕』が審査員特別賞を受賞した短編部門は、日本から受賞はなかった。

Anima: Brussels Animation Film Festival
http://www.animafestival.be/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「マチ★アソビ」vol.18
     アニメ/ゲーム/マンガの大型イベント「マチ★アソビ」の18回目が、2017年5月5日から7日まで徳…
  2. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
  3. TOKYOFOUCUSの企画ピッチ
     世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画で…
ページ上部へ戻る