「劇場版 ソードアート・オンライン」が週末興行1位スタート アニプレックス配給で過去最高の出足

劇場版 ソードアート・オンライン

 原作者・川原礫が自ら新作ストーリーを書き下ろした『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』が猛烈なスタートを切った。2月18日、19日の公開初週末の2日間の興行収入が4億2576万円にも達した。動員数は30万8376人と、30万人を超えた。いずれも週末興行ランキング1位だ。
 配給はアニメ会社のアニプレックスが担当し、公開劇場数は151館と中規模であった。しかし、公開から2週目の『相棒-劇場版IV-』や『サバイバルファミリー』などの大規模公開作を大きく上回った。映画館あたりの売上高から算出する館アベレージでは281万9261円と他の作品を圧倒する数字を叩き出した。

 近年、アニメ映画の配給に積極的に乗り出しているアニプレックスだが、初週末興収の数字は同社がこれまで配給した作品を大幅に上回り、歴代1位にあたる。それだけでなく、アニプレックスが製作出資した劇場アニメのヒット作、2013年10月公開の『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語』の4億円も上回った。
 週末興収が高い数字となったことから、最終興収はヒットの目安とされる10億円を超え、さらにそのうえの20億円よりさらに先を視野に入れる。3月10日からは、映画ファンから人気も高く、チケットの単価も高い4DX/MX4D上映が全国66館で予定されている。記録的な大ヒットになりそうだ。 

 『ソードアート・オンライン』は、2009年から刊行を開始した川原礫による人気小説。累計発行部数は日本国内だけで1250万部、さらに海外でも650万部にもなる。2012年にテレビアニメ化され、2013年末のテレビスペシャル、さらに2014年の第2期制作とロングランでファンからの支持を得る。
 人気の秘密は、アクションやロマンス、成長、友情をオーソドックスに描きつつ、現代性を取り入れることで観るものを共感させることだ。日本だけでなく、世界でも高い人気を誇るのも特長だ。2月18日には日本公開と合せて、早速、ドイツプレミアも実施された。今後は、全世界1400館以上での公開が予定されている。
 劇場アニメという大きなイベントを打ち上げることで、シリーズの人気はさらに拡大しそうだ。劇場映画後の展開が早くも期待される。

 そして劇場アニメ事業に力をいれるアニプレックスにとっても、本作は転換点になりそうだ。新興の配給会社であっても、大手配給会社に伍してビジネスが出来ることを示した。6月17日にはもう1作品、人気アニメの映画化『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』が、アニプレックス配給で公開する。『劇場版 ソードアート・オンライン』のヒットをこちらにつなげたいところだ。

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』
http://sao-movie.net/

関連記事

ピックアップ記事

  1. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
  2. TOKYOFOUCUSの企画ピッチ
     世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画で…
  3. COCOLORS
     独自のセルスタイルのCGアニメで、先進的な表現を追求するスタジオ、それが神風動画である。その神風動…
ページ上部へ戻る