第30回東京国際映画祭の日程決定 引き続き10日間開催

映画ビジネスのニュース

 1985年にスタート、今年で開催30回目を迎える東京国際映画祭の開催スケジュールが発表された。2017年10月25日(水)から11月3日(金)までの10日間の予定となる。
 映画祭は第28回よりそれまでの9日間から10日間開催に会期を拡大したが、2017年も引き続き10日間となる。また期間中、週末は28日(土)、29日(土)の1回しか含まれないが、最終日の11月3日は文化の日の祝日と重なる。秋の風物詩として、今年も多くの映画ファンを楽しませそうだ。

 会場も前年と同様に六本木ヒルズとEXシアター六本木をメインとし、複数の会場となる。EXシアター六本木の利用は2016年からとなり、キャパシティが大きく18万1031人にもなった総入場者数に貢献した。六本木以外の会場については今後の発表になる。
 東京国際映画祭は、日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の映画祭となっている。毎年多くの映画人が集まる一大イベントだ。コンペティション部門以外に、特別招待作品や、様々な特集企画も設けられる。近年は日本が得意とするアニメ映画にも力をいれており、2016年は「映画監督 細田守の世界」が大きな話題を呼んだ。
 また、毎年映画祭の併催コンテンツ国際見本市として行われるTFFCOMも、2017年も同時期にJapan Content Showcaseのひとつとして開催が見込まれる。こちらも詳細は告知されておらず、今後の発表を待つことになる。

第30回東京国際映画祭
公式サイト:www.tiff-jp.net
開催期間: 2017年10月25日(水)~11月3日(金・祝)   
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)ほか 
主催: 公益財団法人ユニジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
  2. TOKYOFOUCUSの企画ピッチ
     世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画で…
  3. COCOLORS
     独自のセルスタイルのCGアニメで、先進的な表現を追求するスタジオ、それが神風動画である。その神風動…
ページ上部へ戻る