バンダイナムコHD フランス法人を再編で持株会社と事業会社に分離

ファイナンス決算

バンダイナムコホールディング(バンダイナムコHD)が、ヨーロッパ子会社の再編を行う。フランス・パリに本社を持つBANDAI S.A.S.の役割を純粋持株会社に絞り、社名もBANDAI NAMCO Holdings France S.A.S.に変更する。また同社が手掛けていたフランス地域でのトイホビー事業を分割し新会社に移行する。純粋持株会社が置くことで、ヨーロッパ大陸地域でのガバナンスの強化と事業拡大を目指す。

BANDAI S.A.S.はバンダイナムコHDが100%出資する現地法人で、これまではトイホビー事業と持株会社の双方の機能を持っていた。
まず2017年3月に、同社の子会社としてBANDAI Toy S.A.S.を設立する。さらに9月にBANDAI S.A.S.にトイホビー事業を移すことで、ふたつの事業を分割する。BANDAI Toyの資本金は2017年9月時点で901万8000ユーロ。フランスにおける玩具販売に特化する。

一方、BANDAI NAMCO Holdings Franceは、フランスだけでなくヨーロッパ大陸地域全体を統括。トイホビー事業、ネットワークエンターテインメント事業といった複数の事業の連携支援をする。さらにコーポレートガバナンスやファイナンスも担当する。ただし、英国については、別の持株会社BANDAI NAMCO Holdings UK LTD.が統括する。
2016年には、香港にあるBANDAI NAMCO ASIAでも同様の事業分割を実施した。これによりバンダイナムコHDは、米国と英国、フランス、香港の4つの持株会社が地域ごとの事業を統括する体制がクリアになる。
バンダイナムコHDは、2018年を目標にした中期計画のひとつとして「グローバル市場での成長」を掲げている。海外子会社も、これに向けた取り組みの一環となる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「マチ★アソビ」vol.18
     アニメ/ゲーム/マンガの大型イベント「マチ★アソビ」の18回目が、2017年5月5日から7日まで徳…
  2. COMEDY ANIMATION MARKET FUKUOKA 2017
     福岡から日本のアニメーションのクリエイティブを世界につなぐビジネスイベントが開催されることになった…
  3. TOKYOFOUCUSの企画ピッチ
     世界最大の国際アニメーション映画祭であるアヌシー、その併設国際見本市にて自身のアニメーション企画で…
ページ上部へ戻る