日本アカデミー賞 宮崎駿監督「君たちはどう生きるか」で3度目の最優秀アニメーション賞

君たちはどう生きるか

 日本アカデミー賞協会は2024年3月8日、東京・グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミールにて第47回日本授賞式を開催した。この場で優秀賞など各賞の授賞を実施したほか、各部門最優秀賞の発表を行った。
 このうち最優秀アニメーション賞は、宮崎駿監督の10年振りの長編映画『君たちはどう生きるか』に輝いた。宮崎駿監督作品が、最優秀アニメーション賞を受賞するのは、2008年の『崖の上のポニョ』、以来2013年の『風立ちぬ』以来3回目、アニメーション部門設立以後に発表した全ての作品だ。監督への群を抜いた評価の高さが分かる。またスタジオジブリ作品では、5回目となる。

 最優秀アニメーション賞に先立って、優秀アニメーション賞は『君たちはどう生きるか』を含めて5作品が挙げられた。古橋豪監督の『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』、八鍬新之介監督の『窓ぎわのトットちゃん』。それに『名探偵コナン 黒鉄の魚影』と『BLUE GIANT』だが、両作はいずれも監督が立川譲氏と、2作同時受賞の快挙となっている。
 『君たちはどう生きるか』はこのほか、第78回毎日映画コンクールで大藤信郎賞を受賞。さらに海外では、ニューヨーク映画批評家協会賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞、ゴールデングローブ賞でもいずれも最優秀となっている。アカデミー賞ではノミネート5作品の選出されており、3月10日に発表が期待されている。

 アニメーション以外では、アニメーション部門と外国作品賞を除く13の優秀賞をはじめ8部門で『ゴジラ-1.0』がのうち最優秀となった。作品賞、脚本賞、助演女優賞、撮影賞、照明賞、音楽賞、美術賞、録音賞、編集賞である。特に技術分野で圧倒的な評価を受けたかたちだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. AnimeJapan2024
    ■凝った企業ブースが脱コロナ禍を演出  2024年3月23日から26日まで、東京都内で日本アニ…
  2. クランチロールアワード
     日本アニメ配信プラットフォームで世界最大規模のクランチロールが主催する「クランチロール・アニメアワ…
  3. 東宝×「World Maker」 
     2023年12月、東宝本社のゴジラ会議室に、ハリウッドの大物監督ジョーダン・ヴォート=ロバーツさん…
ページ上部へ戻る