セガトイズがセガサミー事業再編で新ユニットへ 映像と玩具を分離

企業ニュース

 エンタメ大手のセガサミーは、グループ内の玩具事業・アミューズメント機器事業を統合したユニットを新設する。セガ傘下のコンシュマー事業に含まれるアミューズメント機器事業と玩具事業会社セガトイズを「セガ フェイブ」と名付けたユニットに統合し、セガのコンシュマー事業がこれを統括する。

 セガトイズはこれまで、トムス・エンタテインメントなどのアニメや映像関連各社と共に「映像・玩具事業」のひとつとされていた。セガトイズが離れることで、今後は映像事業だけの事業部門となる。セガサミーの映像・玩具事業は2023年3月期で売上高293億円、うちセガトイズの売上高は131億円だった。
 アミューズメント機器事業の売上高は、2023年3月期で649億円である。UFOキャッチャーやプライズが事業の中心で、セガ フェイブは玩具やプライズ、キャラクター商品をまとめたユニットになりそうだ。セガサミーは、両事業の強みをベースとした新たな体験価値の創出を図るとしている。

 一方で事業再編は、セガトイズ経営のてこ入れの狙いもありそうだ。セガトイズは「アンパンマン」関連など安定したキャラクター玩具がある一方で、2009年には約190億円にまでなった売上高は現在、その7割程度と業績が伸び悩む。
 また2024年3月期は、玩具の年末商戦での販売が軟調であった。さらに期末には在庫評価減を見込んでいる。新ビジネスユニットでのシナジー効果を期待することで、事業成長を狙うことになる。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る