クランチロール・アニメアワード 2024 今年も日本開催 オープニングにソニーグループ吉田憲一郎氏

クランチロール・アニメアワード 2024

 日本アニメのグロバール配信の世界最大手クランチロールが、今年も日本で大型イベントを開催する。第8回クランチロール・アニメアワード 2024が、3月2日に東京で授賞式を実施する。昨年に続き、2度目の日本でのイベントだ。
 アワード授賞式の開催はすでに発表されていたが、このほどイベントに先立って各部門のノミネートとゲスト陣が明らかにされた。開催に向けて、アワードを大きく盛り上げていく。

 クランチロールは日本のアニメを中心としたプラットフォームで、世界200ヶ国以上で利用されて多くのファンを持つ。配信だけでなく、商品展開や映画配給など様々な事業部門を持っている。現在はソニー・ピクチャーズとアニプレックスの傘下にあり、ソニーグループの海外アニメ事業部門の戦略会社でもある。エンタメ、そしてアニメにも力入れるソニーグループの象徴的存在だ。

 そんな姿勢はクランチロール・アニメアワードでも垣間見える。昨年はソニーグループを率いる代表執行役会長CEOの吉田憲一郎氏の授賞式出席が注目されたが、今年も吉田氏が開会の辞を述べる予定だ。それだけの大型イベントというわけだ。
 ゲストも豪華だ。『鬼滅の刃』オープニングテーマ「紅蓮華」を歌うアーティストのLiSAやタイム誌で「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれたことのある大物ラッパーのメーガン・ザ・スタリオンなど多くのアーティストやタレントがプレゼンターがとして世界中から東京に集まる。

 しかしアニメファンにとって関心が高いのは、やはりアワードのノミネートだろう。アニメ・オブ・ザ・イヤーを筆頭に、20を超える部門に多くの作品やスタッフ、アーティスト、キャラクターなどが並ぶ。
 このノミネートの名から最優秀作品を選ぶ一般投票も1月17日からスタートした。投票は1月28日まで、誰でも1日1回の投票できる。結果は3月2日の授賞式に発表される。

クランチロール・アニメアワード
https://www.crunchyroll.com/ja/animeawards/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る