恋愛アプリ「ときめきレストラン☆☆☆」劇場アニメ化 制作I.G、配給アスミック・エース

映画ビジネスのニュース

 女性向けの恋愛アプリゲーム『ときめきレストラン☆☆☆』が、劇場アニメ化される。2018年に『劇場版ときめきレストラン☆☆☆ MIRACLE6』として全国公開を予定する。
 アニメ化は今回が初となるが、アニメーションディレクターに『のだめカンタービレ』や『美少女戦士セーラームーンCrystal デス・バスターズ編』の今千秋、キャラクターデザインに『戦国BASARA』の大久保徹と気合のはいった布陣だ。アニメーション制作は、プロダクション I.Gとなる。アプリゲームのアニメ化は少なくないが、スタートにテレビアニメでなく劇場アニメを選ぶのは珍しい。

 映画の配給は、アスミック・エースが担当する。アスミック・エースの劇場アニメ配給は2016年9月に『planetarian〜星の人〜』の以来となる。同作は小規模公開にも関わらず、スマッシュヒットを実現した。
 アスミック・エースは、映画製作・配給、映像ソフトの制作・販売、配信などのエンタテイメント企業で、アニメでは2000年代後半のノイタミナなどで活躍した。近年、再びアニメビジネスに力を入れており、NHKで放送中の『3月ライオン』などの製作にも参加している。

 『ときめきレストラン☆☆☆』は、コナミデジタルエンタテイメントが開発、2013年にサービスをスタートした。14年からはコーエーテクモゲームスが運営している。4年以上にわたり人気を維持するヒット作品である。
 ユーザーはレストランを運営しながら、店に訪れる2組6人の男性アイドルと交流を深める。ふたつの要素を楽しめるのが特徴となっている。
 今後、6人のアイドルを中心に、幅広いメディア展開を目指す予定だ。CDや書籍、グッズの発売、さらに遊園地やカフェとのコラボレーション、VRライブも視野に入れる。劇場アニメ化は、プロジェクトのなかのフラッグシップとなりそうだ。

『劇場版ときめレストラン☆☆☆ MIRACLE6』
http://tokires-movie.com/

関連記事

ピックアップ記事

  1. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  2. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
  3. オーライタロー氏、樋口真嗣氏
     生頼範義の大規模な回顧展が、2018年1月6日から2月4日まで東京・上野の森美術館で開催される。2…
ページ上部へ戻る