売上・利益過去最高のカプコン、Netflix配信などで映像収入も拡大

ファイナンス決算

 ゲーム大手のカプコンは、2021年10月28日に2022年3月期第2四半期の連結決算を発表した。第2四半期までの業績は売上げ、利益とも前年同期比で高い伸びとなり、過去最高を更新した。 
 売上高は699億9500万円(66.4%増)、営業利益289億2400万円(61.9%増)、経常利益297億2300万円(69.2%増)、当期純利益222億1900万円(71.0%増)である。『バイオハザード ヴィレッジ』や『モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』など、人気シリーズの新作のヒットが貢献した。

 全体の売上高、利益に占める割合は小さいが、近年の傾向である映像事業・ランセンス事業も安定して成長している。ライセンス映像事業の売上高は、28億円と前年同期の12億円から2.3倍と大きく伸びている。営業利益も8億円から15億円となった。
 売上増加は自社ゲームタイトルの映像化からもたらされている。7月8日からCGアニメーションシリーズ『バイオハザード:インフィニットダークネス』、8月12日からはCGアニメーション映画『モンスターハンター:レジェンド・オブ・ザ・ギルド』が世界独占配信されている。配信会社への番組販売で売上げを伸ばしたとみられる。

 第3四半期以降も、11月から実写映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』が海外公開する予定だ。通期連結決算では35億円、営業利益19億円を予想する。
 連結売上高は前年も34億円あったが、こちらは米国ハリウッド映画の『モンスターハンター』の公開があったためだ。国内外の有力企業と連携した映像化でカプコンは、安定して売上げを稼ぎ出す構造を作りつつある。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る