アニメ専門配信のdアニメストア値上げ 月額440円から550円に

配信

 アニメ配信サービス「dアニメストア」が、定額見放題の月額料金を値上げする。2022年12月22日に発表した。現在の月額440円(税込)を2023年3月1日より月額550円(税込)に引き上げる。2012年7月のサービス開始以来、dアニメストアが料金を引き上げるのは初になる。今後も顧客に満足してもらえる作品を充実させていくためとする。
 dアニメストアの作品ラインナップ数はサービススタート当初の約500作品から現在は5000作品まで拡大している。またアニメだけでなく、2.5次元舞台やアニソンライブなどの関連作品の導入も増えている。またサービスの鍵となる新作配信も多く、2023年1月期には22作品を見放題で最速配信するなど力を入れる。番組調達コストも拡大しているとみられ、値上げに踏み切ったようだ。

 dアニメストアは、NTTドコモとKADOKAWAが共同出資する株式会社 ドコモ・アニメストアが運営する。2012年よりアニメ分野専門で定額見放題サービスを提供する老舗だ。
 国内のアニメ配信は当初は、auの「アニメパス」、ソフトバンクの「アニメ放題」など通信会社系が中心であったが、現在は総合サービスの配信会社もアニメのラインナップを充実している。アニメパスは現在なく、アニメ放題はU-NEXTに運営が移管されるなど環境も大きく変った。
 会員数は現在は正式発表されていないが200万人余りとみられ、一定の存在感を待つ。豊富なラインナップと低価格が強みだが、今回はラインナップの充実を維持するために値上げを選らんだかたちだ。

 それでも税込550円の価格は、他の配信プラットフォームよりも低価格に設定され、引き続き競争力を発揮しそうだ。
 アニメタイトル5000作品は、同業のバンダイチャンネルやU-NEXTと並んで業界トップクラスだ。一方でバンダイチャンネルに月額1100円(税込)、U-NEXTは2400円(税込)とdアニメストアは十分勝負できる。
 当面はAmazon プライムビデオの月額500円(税込)、12月1日にアニメを中心にスタートしたDMM TVの550円(税込)が価格面でライバルになりそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第2回新潟国際アニメーション映画祭
     今年3月に初開催されて話題を呼んだ新潟国際アニメーション映画祭が、2024年3月に第2回を迎える。…
  2. 『いきものさん』© 和田淳・ニューディアー/東映アニメーション
    『いきものさん』の製作で多くの人が驚いたのは、東映アニメーションがそれを担当することだろう。世界的な…
  3. MIFA東京都ブース2023
     東京都がこの10月、11月に、アニメーション分野で海外進出を目指す企業や個人事業主に向けた連続セミ…
ページ上部へ戻る