韓国Webtoon人気作「俺だけレベルアップな件」アニプレ&クランチロールがアニメ化


 スマホアプリでタテスクロールで楽しむWebtoon「タテ読みマンガ」が世界的に広がっている。そのなかで国境を超えた人気を誇る韓国作品『俺だけレベルアップな件』が、日本のアニメーション制作会社により映像化される。2022年7月4日、アニメ会社のアニプレックスとクランチロールから制作会社とメインスタッフ、そしてビジュアルとPVが発表された。
 アニメーション制作は『ソードアート・オンライン』や『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』などのヒット作でお馴染みのA-1 Pictures。監督に中重俊祐、シリーズ構成に木村暢、キャラクターデザインに須藤智子、音楽はベテランの澤野弘之を起用する。

 『俺だけレベルアップな件』は。2016年に韓国でChugongが発表した小説がスタートになっている。その後、イラストを担当したDubuが作画するコミック版が2018年に始まり、これがピッコマにWebtoonスタイルで世界的に人気になった。ピッコマによれば、累計PVは6億5000万回。米国でも単行本出版され、アメコミや日本マンガと並び、ベストセラーの上位に喰い込む。
  作品の舞台は異次元と現世界を結ぶ通路ゲートが出現した世界、そこではハンターと呼ばれる能力者が存在する。そのなかで最弱ハンターとされていた主人公は、あるきっかけで自分だけが「レベルアップ」するようになる。
 日本でもピッコマにて掲載中であるほか、単行本が8巻までKADOKAWAより発売されている。アニメ放送がされれば、日本でも人気を呼びそうだ。

 スマホで手軽に読めるWebtoonは、現在、新たなエンタテイメントとして世界を席巻している。いち早く普及が始まった韓国ではヒット作が次々に生まれ、映像化も多い。新たな映像原作の供給源ともなっている。
 現在はアニメ関係からも関心を集めている。これまでにも『神之塔』、『ゴッド・オブ・ハイスクール』といった韓国発の作品がアニメ化され人気を獲得した。今回は人気作を多く手がけるアニプレックス、世界的なアニメ配信プラットフォームのクランチロール、さらに映像に定評があるA-1 Picturesが関わるプロジェクトだけに、一段と関心を集めそうだ。

アニメ『俺だけレベルアップな件』
https://sololeveling-anime.net

原作:DUBU(REDICE STUDIO)、Chugong、h-goon(D&C WEBTOON Biz 発行)
監督: 中重俊祐
シリーズ構成:木村暢
キャラクターデザイン:須藤智子
音楽:澤野弘之
アニメーション制作:A-1 Pictures

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新潟国際アニメーション映画祭
     2023年3月に第1回を予定する新潟国際アニメーション映画祭が、11月1日に新たな概要を情報公開し…
  2.  2022年9月21日から25日まで5日間にかけてカナダで開催された第46回オタワ国際アニメーション…
  3. 海外ビジネスセミナー
     東京都に拠点を持つ中堅・中小企業、個人事業主を対象にした「海外進出ステップアッププログラム」をこの…
ページ上部へ戻る