東映アニメ、不正アクセスでTVアニメ放送スケジュールに影響

企業ニュース

 2022年3月11日、東映アニメーションは自社ネットワークへの不正アクセスの影響として、自社制作テレビアニメの放送スケジュールを変更することを明らかにした。影響を受ける番組は『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』、『デリシャスパーティ♡プリキュア』、『デジモンゴーストゲーム』、『ONE PIECE』の4作品。
 いずれもシリーズ作品で、毎週放送する最新エピソードのスケジュールに乱れがでるとみられる。影響の詳細は現在は明かされていない。

 ネットワークへの不正アクセスは、まず3月7日に6日付で第三者による不正アクセスを受けたことを確認したと東映アニメーションから発表された。その後、東映アニメーションは社内システムを停止し、外部からのアクセス制限などの対策のうえ調査を開始した。こうした状況が、通常の番組制作の進行にも影響を与えたようだ。
 東映アニメーションは外部専門機関による調査も実施し、顧客や取引先などの情報、個人情報が含まれていないかそうかも確認している。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ANNECYYAMADA
     2022年6月13日にフランスのアヌシーで始まった国際アニメーション映画祭に、日本からゲストが次々…
  2. 新潟国際アニメーション映画祭
     2000年代に入り、アニメーションのグローバルな広がり一段と進んでいる。日本は世界有数のアニメーシ…
  3. 諸葛四郎
     2022年4月21日より、東京・虎ノ門の台湾文化センターにて、「タイワニーズ・アニメーション~最新…
ページ上部へ戻る