アニメテイスト特化型エフェクトを掲げる新スタジオ、デジタルハーツグループが設立 

企業ニュース

 ゲーム企画・開発や3D映像制作のフレイムハーツが、新スタジオとしてハンマーヘッドスタジオ(HammerHead Studios)を設立した。日本の伝統的なアニメ技術「Draw」と最新のゲーム3DCG技術「Tech」のふたつを掲げ、日本のアニメテイストのエフェクトに特化するという。
 オープンしたばかりのティザーサイトでは、「炎」「爆発」「水」などのサンプル動画も公開している。こうしたエフェクトと呼ばれる表現は日本アニメ独特のものがいくつもあるが、それに特化、しかもCGでというのはユニークな試みだ。

 スタジオ設立にあたってはエフェクト表現に定評があり、CG分野でも経験が深いアニメーターの橋本敬史氏とアドバイザリー契約も締結した。橋本氏は国内を代表するアニメーターで、大作『スチームボーイ』の作画で活躍、『モノノ怪』『空中ブランコ』ではキャラクターデザインや設定・総作画監督を務めた。『鴉 -KARAS-』ではCGのモーションに携わる。その経験がハンマーヘッドスタジオでも活かされそうだ。

 スタジオを設立したフレイムハーツは、デジタルハーツホールディングスのグループ会社。ゲーム企画・開発のほか3Dモーションや3Dモデリング、ソーシャルゲーム運営・運用などデジタルコンテンツの制作会社をする。
 デジタルハーツはゲームの検証テストであるデバッグの大手で、この分野で成長してきた。近年は周辺分野への進出にも積極的で、フレイムハーツもそのひとつだ。

HammerHead Studios https://www.hammerhead.jp

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 海外ビジネスセミナー
     東京都に拠点を持つ中堅・中小企業、個人事業主を対象にした「海外進出ステップアッププログラム」をこの…
  2. ANNECYYAMADA
     2022年6月13日にフランスのアヌシーで始まった国際アニメーション映画祭に、日本からゲストが次々…
  3. 新潟国際アニメーション映画祭
     2000年代に入り、アニメーションのグローバルな広がり一段と進んでいる。日本は世界有数のアニメーシ…
ページ上部へ戻る