新人作家・坊木椎哉 KADOKAWAと集英社で同時デビュー 発売告知も2社連動

坊木椎哉

KADOKAWAと集英社、国内を代表するふたつの出版社が新人作家のデビューにあたり、協力して世に送り出すことになった。作家の名前は坊木椎哉、1975年新潟生まれである。
11月26日にKADOKAWAより『きみといたい、 朽ち果てるまで~絶望の街イタギリにて』を刊行、同日に集英社から『最後のデートをきみと』が発売される。坊木にとってはいずれもがデビュー作、しかもそれぞれ異なる出版社との異例のかたちになっている。

もともとは坊木が2015年に集英社開催した第1回ジャンプホラー小説大賞銅賞、続いて16年にKADOKAWAの第23回日本ホラー小説大賞優秀賞を相次いで受賞したのが始まりになっている。大きな賞に続けて選ばれていることからもその実力が窺われる。
『きみといたい、 朽ち果てるまで~絶望の街イタギリにて』は、ごみ収集と死体運搬を仕事にする少年と、 似顔絵を描きの少女の淡い恋心から始まる物語。『最後のデートをきみと』は、「恋人との最後の時間」を売る女子高校生がある青年と運命的な出会いをする。

今回は同日発売だけでなく、イラストも両作品とも同じshimano (しまの)が手がけ、さらにデザインも対になっている。あたかも姉妹書のような体裁だ。同日刊行も驚きだが、こうしたタッグも異例だ。
毎年少なくない数の作家がデビューするなかで、いかの新人の作品を世に伝えるかは各社が頭を悩ませるところ。ライバルの垣根を越えた取り組みは、日本の出版社の柔軟さを示すかのようだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 原恵一監督 インタビュー
     2017年10月25日~11月3日まで、第30回東京国際映画祭が開催される。近年、映画祭の中で大き…
  2. アニメーションブートキャンプ 2017
     アニメーション制作の第一線で活躍するプロのもと、業界を目指す学生が4日間の合宿で技術を学ぶ「アニメ…
  3. 「デジタルコンテンツ白書2017」
     ますます変化の動きを早くしているコンテンツ産業を一望する書籍として活用されている「デジタルコンテン…
ページ上部へ戻る