ARCHとアカツキが出資、ウェブトゥーンの新会社「トゥーンワークス」設立

ファイナンス決算

 コンテンツプロデュースのアーチ(ARCH)とゲームを軸にIPプロデュースを展開するアカツキが共に出資するウェブトゥーン制作の新会社トゥーンワークスが本格的に稼働する。トゥーンワークスは、2021年8月5日に、ARCHと同社共同創業者で取締役の森尾紀明氏が共同で設立した。代表も森尾紀明氏が務めている。国内外で急成長するウェブトゥーンの制作におけるプロデュースを目的にしている。
 さらに2021年10月30日付けでアカツキからも出資を受けた。資本金は5500万円となり、アカツキ事業開発室室長 安藤英人氏が同社の取締役に就任した。ARCHやアカツキのネットワークも活用した事業拡張を目指すことになる。
 
 ウェブトゥーンはスマホ時代の仕様に合わせた新しいマンガ文化として現在、世界的に注目されている。スマホの縦画面に合わせスクロールとストーリー構造と長さ、見栄えのするフルカラーなどが特徴だ。世界中に急速に普及し、これまでは韓国や中国が先行していたが、現在は日本企業が続々参戦し、活況を呈している。
 トゥーンワークスはこれまでアニメやゲームのプロデュースで得てきたノウハウを活用し、他にはない作品を制作するとしている。ウェブトゥーン制作とプロデュースの制作体制の構築を重視し、ウェブトゥーンからの王道コンテンツの開発を目指す。

株式会社トゥーンワークス
https://www.toonworks.co.jp/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る