「名探偵コナン」世界累計2億5000万部超え、100巻刊行で到達

『名探偵コナン』

 青山剛昌の人気マンガ『名探偵コナン』の世界累計発行部数が、2億5000万部を突破したことが分かった。2021年10月18日に国内で第100巻が刊行されたが、発行元の小学館が発表した。18日には100巻のほか、スピンオフ作品の『名探偵コナン 犯人の犯沢さん』6巻と『名探偵コナン ゼロの日常(ティータイム)』5巻も発売される「名探偵コナン」デイとなっている。
 シリーズの1億冊突破は2003年、世界累計2億冊突破は2017年4月。2億冊からわずか4年半で5000万冊を積み上げたことになる。国内外での高い人気を反映したものだ。

 青山剛昌は1987年の『まじっく快斗』でマンガ連載デビュー、1994年に「週刊少年サンデー」で『名探偵コナン』の連載を開始した。96年にはテレビアニメの放送もスタートしている。以来、マンガ、アニメともロングランで続く作品として人気を博している。
 単行本はとりわけ人気の高いアジア圏中国・香港・台湾・韓国・タイやフランス・ドイツ・イタリアなどのヨーロッパ、さらに北米などで翻訳出版されている。そうした海外での売上げも大きな記録に貢献している。マンガ連載はまだ続いており、物語の行方は予断を許さない。これからもさら記録を伸ばしていくことになりそうだ。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明展
     2021年10月1日より、東京・六本木の国立新美術館で「庵野秀明展」が開幕した。映画監督・庵野秀明…
  2. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  3. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
ページ上部へ戻る