実写版「カウボーイビバップ」吹替に山寺宏一、林原めぐみら起用

実写版『カウボーイビバップ』

 1998年にテレビ放送を開始以来、国境を超えてロングセラーになっているSFスペースアクションアニメ『カウボーイビバップ』が、米国で実写ドラマ化された。かねてより話題になってきた本作が2021年11月19日より、いよいよNetflixにて全世界独占配信を開始する。
 人気原作の初の実写化だけに大型作品とみていいだろう。Netflixでは原作となったアニメ版を新たに10月20日から全世界配信する。配信開始前の盛り上げにも力をいれる。

 さらに日本版での吹替えキャストがこのほど発表された。主人公のスパイク役に山寺宏一、敵役のビシャス役に若本規夫、そしてフェイ・ヴァレンタイン役に林原めぐみといった実力派声優が並んだ。
 実写化発表以来、ビジュアルや音楽の菅野よう子起用などアニメに寄せた番組づくりが注目されてきたが、日本語版のキャストでもアニメに合わせてきた。スパイク、ビシャス、フェイは23年前のアニメ版と同じ声優を起用。この他にもジュリア役の高島雅羅、リン役の緑川光、パンチ役の垂木勉、ジュディ役の長沢美樹、テディ・ボマー役の土師孝也、グレン役の堀内賢雄も引き続きで、登場回数の少ないキャラクターまでアニメ版に準拠する。
 2018年に鬼籍に入った石塚運昇が演じたジェット役は、新たに楠大典が演じる。また役柄が男性から女性に変更されたマオ役は磯辺万沙子、シン役は朴璐美となった。

 今回のキャスティング情報などからは、これまでベールに包まれている作品の内容も一部垣間見える。作品は全10話となり、ビシャスやジュリア、マオ、グレンの登場は火星のマフィア「レッドドラゴン」の登場する一連のエピソードが軸に据えられることが分かる。ジュディ&パンチなど原作の脇で活躍するキャラクターも登場するようだ。ただし、アニメではレギュラーであったエドの登場はないようだ。
 実写版『カウボーイビバップ』は米国の製作会社Midnight Radio、トゥモロースタジオ、日本のアニメ製作のサンライズなどが製作に参加する。アニメの監督である渡辺信一郎も監修を務める。
 
実写版『カウボーイビバップ』
https://www.netflix.com/title/CowboyBebop

[日本版キャスト]
スパイク・スピーゲル:山寺宏一
ビシャス:若本規夫 
フェイ・ヴァレンタイン:林原めぐみ 
ジュリア:高島雅羅 
ジェット・ブラック:楠大典 
パンチ:垂木勉
ジュディ:長沢美樹 
テディ・ボマー:土師孝也 
グレン:堀内賢雄 
マオ:磯辺万沙子 
シン:朴璐美 
リン:緑川光

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  2. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
  3. アヌシー国際アニメーション映画祭
     6月14日から開催されている2021年のアヌシー国際アニメーション映画祭は、19日(現地時間)に今…
ページ上部へ戻る