「ベイブレード」世界累計出荷数5億個を突破、4月からシリーズ新章へ


 タカラトミーはアニメやマンガと連動して展開する「ベイブレード」シリーズの玩具累計出荷数がこのほど5億個を超えたことを明らかにした。タカラトミーは1999年から『ベイブレード』を80ヵ国・地域以上で販売をしている。グローバルでのビジネスの大きさと、世界での人気を反映した結果だ。

 『ベイブレード』は日本の伝統玩具ベーゴマをベースに、1999年に誕生した。ベーゴマの醍醐味である対戦の面白さに、現代的なデザインとパーツを組み替えることで改造できる楽しさを盛り込んだ。長年、アニメ番組の放送と合わせて展開し、男児を中心に国内外で人気を博している。
 誕生から20年以上経つが、それぞれの時代に合わせて、リブートを続けること長年人気を誇っている。第1世代の『爆転シュート ベイブレード』の玩具の全世界出荷数約が1億6000万個、2008年からの第2世代『メタルファイト ベイブレード』は1億9000万個、2015年からスタートし現在につながる第3世代『ベイブレードバースト』も2021年 2 月末時点までに1億5000万個となっている。累計5億個はこれらのシリーズを合計したものである。
 タカラトミーでは、5 億個突破記念としてベイブレード公式大会『リモートバーストカップ』を開催する。『ベイブレードバースト』商品を使って考案した改造商品を募集、No.1 を決定する。さらなる人気の盛り上げを仕掛ける。

 2021年4月からは、「ベイブレードバースト」シリーズの新作『ベイブレードバースト DB(ダイナマイトバトル)』のアニメもスタートする。本作の玩具シリーズも4月24日に発売。玩具は1000円前後からと、手頃な価格も本作の魅力のひとつになっている。今後もさら出荷記録を伸ばすことになりそうだ。
 本作のアニメシリーズは、近年は配信での展開が積極的になっている。4月からスタートする『ベイブレードバースト DB(ダイナマイトバトル)』も動画サイトが中心の放送になる。YouTube の「コロコロチャンネル」、「タカラトミーチャンネル」、ベイブレード公式ポータルサイトなどで予定、毎週金曜日16時から順次配信となる。 

タカラトミー
https://www.takaratomy.co.jp/

『ベイブレードバースト ダイナマイトバトル』
https://www.beyblade.jp/

関連記事

アーカイブ

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 第34回東京国際映画祭
     2021年10月30日から11月8日までの10日間、東京の日比谷・有楽町・銀座地区を会場に第34回…
  2. 篠原宏康氏
    いま日本のアニメ産業が大きく変わり始めている。アニメ視聴の主戦場は深夜帯や配信プラットフォームに移り…
  3. アヌシー国際アニメーション映画祭
     6月14日から開催されている2021年のアヌシー国際アニメーション映画祭は、19日(現地時間)に今…
ページ上部へ戻る